全身脱毛 永久脱毛 おすすめ 安い 口コミ 評判

全身脱毛?永久脱毛?部分脱毛?あなたにおすすめの脱毛情報

夏に向けて全部脱毛!全身脱毛、永久脱毛、部分脱毛どうすればいいの?事前に不安や悩み、疑問を解決できれば安心ですね。ミュゼプラチナムや脱毛ラボ、キレイモ、銀座カラーなどいろいろな脱毛サロンがありますが、知名度の高い人気の脱毛サロンを選ぶ事をおすすめします。

ミュゼのハイジニーナ!支払い方法はどうする?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


VIOラインを含むデリケートゾーンを脱毛した衛生的な女性の事を指す「ハイジニーナ」が、近年10代、20代の女性だけではなく注目を浴びています。

 

 

湿度により蒸れ、汚れ・雑菌を溜め込みやすいアンダーヘアがなくなることで、日常生活の中で感じる不快感が軽減し衛生的に過ごせるということで実践する人が少しずつ増えているハイジニーナですが、直接目の届かない、目に見えない範囲の脱毛を必要とするため自分自身の手できれいに脱毛するのは難しいものです。

 

 

ミュゼプラチナムではハイジニーナを目指す女性の為に、下腹部および性器・肛門周辺の全7箇所の脱毛施術を一括して受けることができる「ハイジニーナ7VIO脱毛コース」というものがあります。

 

 

複数回の施術によって最終的には日々のムダ毛処理が不要な程になる脱毛サロンでの脱毛は、全ての女性にとって魅力的であり、誰もが一度は利用を考えたことがあるのではないでしょうか。

 

 

そしてきっとその誰もが同時に気になるのが、お金の事でしょう。ミュゼプラチナムのハイジニーナ7VIO脱毛コースを利用するにはどの位の料金をどのタイミングで、どのように支払うのでしょう?

 

 

まずハイジニーナ7VIO脱毛コースは契約、申し込みの際に、施術回数を1回・4回・6回のいずれかを選ぶ必要があります。脱毛サロンでの脱毛は継続的な施術回数を重ねることでより効果を生むもので、個人差はありますが施術6回が永続してムダ毛に悩まないツルツルな肌に至る目安とされています。

 

 

 

 

 

 

施術1回でも施術の効果は発生しますし、4回も施術を受けると残った毛質が細く柔らかくなり目立ちにくくなってきます。自分がどの程度の脱毛効果を目指しているのかを考えた上で、最終的にはミュゼプラチナムの専門スタッフに相談の上回数を決めるとよいでしょう。

 

 

その上での前情報として、各施術回数に対しての利用料金は、

 

 

1回…12000円

 

4回…48000円

 

6回…72000円

 

 

となっています。そして支払いのタイミングは脱毛コースの契約時です。

 

 

ミュゼプラチナムでは電話かネット予約の後、店頭での無料カウンセリングを行い、利用を決めればそこで契約を結ぶことになります。

 

 

料金の支払いは現金による支払いかクレジットカード払いを選ぶことができ、現金払いの場合には一括払いのみ、クレジットカードの場合には一括払いと分割払いを選ぶことができます。

 

 

ただしクレジットカードは同じミュゼプラチナムであっても店舗によっては使用できないカードがあるなど条件が異なるので、無料カウンセリングの際に確認しておくことが大事です。

 

 

その他、例えば無料カウンセリングにおいてハイジニーナ7VIO脱毛コース以外にも施術を受けたい箇所が急遽発生したなど、現金払いのつもりで予め用意したお金が想定外足りなかった場合、分割払いではありませんが当日店頭で一部入金の上、後日銀行振込や店頭で支払うという方法も可能です。

 

 

いずれの方法でも、自分の生活に合った無理のない、かつゆとりのある支払い方法を選びましょう。支払いを終え、実際施術を受けるところまできて残る不安は「他に別料金が発生するんじゃないか」という事だと思います。

 

 

毛の質や量などの個人差において追加料金が発生することはありませんし、ミュゼプラチナムでは強引なオプション勧誘などを行うことはありません。

 

 

契約時支払った料金で契約コース終了まで確実に保証され、施術回数を残しての途中解約には定められた相当分の返金で対応してもらえるので大きな回数の契約も安心して行うことができます。

 

 

支払う金額はどうしても大きいですが、支払い方もその後の安心・保証も利用しやすさが行き届いているミュゼプラチナム。スッキリ分かりやすい利用料金と支払いでお金問題に気を取られることなく、今流行りの快適なハイジニーナを目指してみませんか?

 

 

 

ミュゼでハイジニーナ!回数ってどのくらい必要なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


下腹部・性器などの周辺を脱毛した女性を表す言葉に「ハイジニーナ」というものがあります。

 

 

ハイジニーナとは「hygiene=衛生」を指す言葉に由来しており、水着や下着を着用するさいに見た目を気にしての意味合いだけではありません。

 

 

「蒸れ」や「雑菌の繁殖」などを防ぐのに効果的なハイジニーナは、海外ドラマをきっかけに近年雑誌などで取り上げられることで女性の認知度が高まっている概念です。

 

 

国内最大手の脱毛サロン「ミュゼプラチナム」では、ハイジニーナを目指す女性の為の脱毛専用コースとして「ハイジニーナ7VIO脱毛コース」があり、このコースでは自分ではむだ毛処理が難しいVIOラインを含むデリケートゾーン7箇所の脱毛をまとめて行えるようになっています。

 

 

デリケートな箇所だからこそプロの手できれいなお肌を目指したいところですが、脱毛サロンで脱毛施術を受けるときに気になることのひとつとして、施術を行う回数があります。

 

 

ミュゼプラチナムの『ハイジニーナ7VIO脱毛コース』では、施術回数を1回・4回・6回から選ぶことができ、当然コース料金も異なります。

 

 

それでは、施術を受けるにあたってこの回数はどのようにして選ぶべきなのでしょうか?まず脱毛サロンで脱毛するにあたって知っておかなければならないことは、どんな脱毛方法であっても一回の脱毛で完全なムダ毛処理はできないということです。

 

 

ミュゼプラチナムでは脱毛方法に「S.S.C方式」を採用しています。ジェルとライトを使った相乗効果で制毛を促し除毛する方法を採用しており、従来のレーザー式脱毛よりも施術中の痛みが少なく短時間で行うことができる最先端の脱毛方式での施術を受けることができます。

 

 

この脱毛方法では脱毛したい箇所の毛根の機能に働きかけることで施術後2~3週間程で自然と毛が抜け落ちるのですが、1度の脱毛だけではその後新たな毛が生え直してきてしまうのです。

 

 

しかし、再び生えて来る毛は元々持っていたムダ毛特有の太さ・硬さの性質を少し失った状態で生えてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

目視ではっきりと目立つ毛から徐々に産毛のような細く目立たない毛に変化し、最終的には毛のないスベスベお肌にまで到達することを目標とした場合に、施術を受ける回数が重要になってくるのです。

 

 

そのため完璧な脱毛状態を目指す場合には、抜けた毛が再び生えてくる周期に合わせ1~3ヶ月に一度のペースでの施術を何度か受ける必要があり、ハイジニーナ7VIO脱毛コースで選ぶことができる6回という回数は正にその目的に添った回数設定といえます。

 

 

ミュゼプラチナムでは、脱毛施術回数によって見込めるお肌の状態の目安をこのように表現しています。

 

 

 

 

施術1回目…毛が抜け落ちる脱毛効果を実感できる

 

 

施術2~3回目…新たに生えてくる毛質が変化、産毛のように目立たなくなってくる

 

 

施術4回目…自宅でのムダ毛処理が必要なくなってくる

 

 

施術5回目…ムダ毛のないツルツルお肌を実感できる

 

 

施術6回目…ムダ毛についてもう悩む必要がない状態に到達する

 

 

 

 

もちろん体質・元々の毛の状態によって施術の効果には個人差が発生しますが、一般的には施術6回で完全な脱毛状態までの程度に至るということです。

 

 

ミュゼの「ハイジニーナ7VIO脱毛コース」で選べる回数からすると、「まずはデリケートな部位の脱毛を一括で試してみたい」という場合には1回コース、「毎日のムダ毛処理に時間を取らなくていい程度に脱毛したい」という場合には4回コース、「完璧なハイジニーナを目指したい」という場合には6回コースというような利用の仕方がひとつの目安になるかと思います。

 

 

いずれにせよ実際にミュゼプラチナムで脱毛施術を受ける場合には脱毛コースを契約する前に施術の方向性を打ち合わせるカウンセリングが設けられているので、自分がどういう脱毛状態になりたいのかを事前にイメージした上で回数についてスタッフと相談することが大切です。

 

 

 

 

 

ハイジニーナってなに?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


若い女性の間で密かに注目を集めているハイジニーナ。一言でハイジニーナと言っても聞いたことがない人にとっては全くわからない言葉だと思います。

 

世間ではあまり知られていないこの言葉ですが、脱毛をしている人たちの間ではかなり知られている言葉で特に脱毛を始めている世の中の女性たちの間では常識と言っても過言でないほど人気になっています。

 

ハイジニーナとはVライン、Iライン、Oラインの3つのラインのアンダーヘアが無毛の状態、脱毛した状態を示します。

 

つまりVIO部分のデリケートラインがムダ毛がなくツルツルの状態と言うことです。

 

 

 

簡単にいうと子供のように何も毛が生えていない状態ですね。ちなみにハイジニーナは清潔、衛生という意味のハイジーンという言葉からとられたと言われています。

 

清潔は綺麗な状態を指す言葉なのでハイジニーナのことを指すと言うのは納得ですね。脱毛をしようと決めた人が1度は注目するのがこのハイジニーナです。デリケートラインはムダ毛が多いと恥ずかしいという人は多いです。

 

特に女性の場合は夏場はプールに出かけ、水着を着用する際にこのデリケートラインのムダ毛が目立ってしまうと困るという人が多いです。水着の間からムダ毛が見え隠れしてしまうと恥ずかしいですからね。

 

 

 

温泉などに言った時にも周りの人と自分のムダ毛を比べてしまう女性は多いです。特にデリケートラインのムダ毛は気になる一番のポイントと言えます。そのデリケートライン、VIOラインを無毛状態にすることがハイジニーナです。

 

少し前までは女性がするというイメージがほとんどだったハイジニーナですが、最近は男性でもハイジニーナにするという人も増えてきています。『ハイジ男子』という言葉も出てくるほどの人気ぶりです。

 

なぜ女性にも男性にも人気なのでしょうか。答えはハイジニーナの意味に隠されています。ハイジニーナの意味の清潔、衛生。ハイジニーナ脱毛をするとムダ毛が無くなるだけでなく、清潔になります。

 

ムダ毛が無くなったことにより、汚れや雑菌の付着が無くなり衛生面でもより良い快適な状態になることは言うまでもありません。

 

 

 

夏場は特にムダ毛があるとVIO部分が蒸れてしまいがちですね。蒸れたことにより痒みが出てしまうこともあります。酷くなった場合は皮膚病や感染症などの肌のトラブルが起きてしまう恐れもあります。

 

こういったトラブルを防ぐためにもハイジニーナにすることは良い対策法と言えます。トラブル解消には持ってこいの方法でしょうね。ですがハイジニーナにすることは抵抗があるという人は多いです。

 

恐らくハイジニーナ脱毛をする上で1番考えさせられるのがこの恥ずかしさだと思います。確かに脱毛をする場所がVIO部分とデリケートラインのために恥ずかしさからなかなかハイジニーナ脱毛に踏み込めないと言った人は多いでしょう。

 

脱毛の際には必ず脱毛してくれるスタッフに脱毛部分を見せなくてはいけません。

 

 

 

それが自らのデリケートラインであれば余計に恥ずかしいものですからね。でも施術をしてくれるスタッフはいろいろな施術の経験があるプロのスタッフばかりです。

 

心配もあるかもしれませんが経験を積んできたプロのスタッフならハイジニーナ脱毛をする人の恥ずかしさもしっかり理解をしてくれることと思います。リラックスして1歩踏み出してみるのも良いかもしれませんね。

 

脱毛について調べていると必ずと言ってもいいほどハイジニーナという言葉が出てきます。それぐらいハイジニーナは人気なのです。もちろんいろいろなスタッフや脱毛サロンがありますから自分に合ったハイジニーナ脱毛をしてくれるサロンを見極めることが大切でしょうね。

 

 

ハイジニーナになることで清潔、快適に過ごせる自分を手に入れましょう。

 

 

 

脱毛サロンで紙パンツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


脱毛サロンで紙パンツという聞きなれない単語に接したことはありませんか?

 

 

どういうことなのでしょうか?紙パンツって脱毛と関係ないでしょ。

 

 

そう思う方も多いと思います。ですが、いざその時のために困惑しない様にどうして紙パンツと脱毛サロンの関係についてご紹介します。

 

 

 

 

脱毛サロンで紙パンツとは?

デリケードゾーンの脱毛の際に、紙パンツを着用するスタイルがあるようです。女性にとって気になるVIOライン。

 

 

 

当然脱毛はしたいけれど、繊細な部分が人目に触れるのは恥ずかしいという気持ちもありますよね。

 

 

 

例え施術者が女性であっても、抵抗がある方もいらっしゃいます。その緩和の為に、VIOライン脱毛の際には、紙パンツを着用するスタイルが一般的になりつつあるようです。

 

 

 

もちろん各サロンによって独自性はありますが、紙パンツを着用しないというサロンのほうが昨今は珍しいと言えるでしょう。

 

 

 

これなら、安心してVIOラインの脱毛をすることができますね。なのであなたの脱毛プランにVライン脱毛、Iライン脱毛などデリケートゾーンの脱毛が含まれているならばあなたも紙パンツをはくときが来そうですね。

 

 

 

大手脱毛サロン、脱毛エステではVIO脱毛の時は着用する人が多いようです。要らない。という人もいますので付ける付けないはあなた次第です。

 

 

 

湘南美容外科では店舗によてあったりなかったりのようです。紙パンツなしの店舗が多いようです。ミュゼプラチナムの場合は紙パンツあり。なので、恥ずかしいから紙パンツを利用したい人はこの場合、湘南美容外科ではなくミュゼプラチナムのほうがいいでしょう。

 

 

 

脱毛サロン、エステによって違いがあるので最初の無料カウンセリングなどを利用して確認しておくとよいですね。

 

 

 

 

もちろん使い捨て

91123f9864285834e3066fc7bcf3cbc2_s

 

 

衛生面を考えて、もちろん使い捨ての紙パンツが渡されますのでご安心ください。

 

 

 

また、使い捨てだと強度に問題があるのでは?と不信を抱く方がいるかもしれませんが、現在では紙パンツが主流になっていることもあり、強度面で不安になるような作りの紙パンツは使用されないよになっているので大丈夫です。

 

 

 

透けることもありませんし、施術の際に破れてしまうこともありません。

 

施術側もプロですので、施術中は決してデリケードな部分に触れないように、かつ見えないように訓練された施術をしてくれるサロンがほとんどです。

 

 

 

Iラインになどは特に不安に思ってしまう方もいるかもしれませんが、配慮の行き届いた施術をしてくれるところがほとんどですので、心配はいらないでしょう。

 

 

 

VIOラインの脱毛が済んでいると、おしゃれの幅もより広がりますし、お手入れも楽です。紙パンツ着用なら安心して施術を受けられるのではないでしょうか。

 

 

 

 

形は?

各サロンによって様々です。一般的はショーツ型や、Tバック型、スライド側などがあります。

 

 

 

奇抜な形というわけではなく、あくまでお客さん側が安心して施術を受けられるように配慮された形が採用されていますので、ご安心ください。

 

 

 

紙パンツのサイズもフリーサイズが多いので特に気にすることはないでしょう。あくまでも紙パンツなので紙おむつのイメージではありません。

 

 

 

後ろ前はあるの?とか、前後間違えたりしない様ちゃんとしているので安心してください。もし気になる方は事前にサロン側に申し伝えれば形を確認させてくれるでしょう。

 

 

 

形に限らず、不安点はスタッフ側に確認しておいたほうが安心感が増します。スタッフ側はプロですので、恥ずかしがらず聞いておくとよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

脱毛サロンも増えていますので、お客さんが安心できる仕組みづくりが日々整っているようです。

 

 

 

紙パンツがあればVIOラインの脱毛も選択しやすいですね。

 

 

 

ブラジリアンワックスって痛そうだけど効果ある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今、様々な方法でアンダーヘアを手入れしている女性は多いですよね。

 

 

 

自己処理はもちろん、その他にもサロンでの脱毛やクリニックでの脱毛、そしてブラジリアンワックスを使ったvio処理も興味がある女性は多いと思います。

 

 

 

ここでは今話題のブラジリアンワックスについて、みんなが気になる痛みと効果についてご紹介していきます!

 

 

 

 

ブラジリアンワックスは現在では古典的な脱毛法

ブラジリアンワックスはアンダーヘアの脱毛方法の中でも有名なので帆聞いたことがあると思います。

 

 

 

もともとワックス脱毛という脱毛の手段があるのですが、その中でもデリケートな場所周辺の毛を処理するための手段方法をブラジリアンワックスと呼んでいます。

 

 

 

元々は女性がTバックの下着を身に着けるために使われるようになった脱毛法です。ブラジルはTバック発祥の地と言われていますから、そこから命名されているのでブラジリアンワックスと言うわけです。

 

 

 

施術方法はいたってシンプル。脱毛用に開発された特別なワックスを脱毛範囲の肌に塗っていきます。そのワックスがムダ毛と一緒に固まったところで一気に毛根ごと引き抜くというちょっと荒々しい手法の事です。

 

 

 

腕や足にガムテープを張り付けて、勢いよく剥がせばテープ側にある程度毛が付着していますよね。それの超強力バージョンです。

 

 

 

テープと異なるのはワックスを固めるということ。テープと比較して粘着部に毛がよりフィットします。

 

 

 

果たして痛いのでしょうか。

 

 

 

あなたの想像通りかなり痛みを伴います。痛いです。大量の毛を瞬間的に無理やり引っ張るので痛いにきまっています。

 

 

 

ブラジリアンワックスの使い方、コツは剥がすタイミング、剥がす方向を見極めて一気にはがすことです。躊躇すると余計に痛くなるので一気に行きましょう!

 

 

 

女性のアンダーヘアはV/I/Oの3つの部位に分けることができますが、中でも痛みを訴える人が多いのはIライン。

 

 

 

女性が立った姿勢で正面から見える範囲のVラインよりもっと奥まった部分です。慣れている人でも、思わず「痛い!」とつぶやいてしまうそう…。

 

 

 

こうなると罰ゲームですね。

 

 

 

でもちょっと待って。現在主流の光脱毛やレーザー脱毛によるVIO脱毛の痛みは皆無かというと答えはNO。

 

 

 

結局アンダーヘアの脱毛をするには多かれ少なかれ痛みは伴います。羞恥心という精神的痛みも結局はどんな脱毛法でも大差ありません。

 

 

 

期間、費用、メリットデメリット…様々な面を考慮した結果、自分に一番合った脱毛法を選択すればよいだけなのです。

 

 

 

 

ブラジリアンワックスのいいところはとにかく即効性!

b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s

 

 

 
ブラジリアンワックスの他にアンダーヘアの手入れ方法としては、自己処理と永久脱毛があります。

 

 

 

この3つを比較してみましょう。まず見た目!自己処理ではキレイになりきれないケースが多いですが、ブラジリアンワックスと永久脱毛は仕上がりがきれいなところがいいですよね。

 

 

 

次に肌トラブル。シェーバーを使った自己処理や、無理に毛を引き抜くブラジリアンワックスはやはり肌を痛め炎症を伴うこともあるので不利です。

 

 

 

それに対して脱毛サロンは肌に対する負荷が少ないのが特徴です。

 

 

 

そして仕上がりの継続性、持続性はどうなのでしょう。自己処理だと週に2~3回は手入れをしないと美しいVIOラインは保てません。

 

 

 

ブラジリアンワックスは一度施術をすればしばらくアンダーヘアの処理に悩まされる心配はありません。また、継続してブラジリアンワックスを行うことで、表に出てくる毛が薄くなる傾向もあるようです。

 

 

 

永久脱毛は言わずもがな、施術が完了すればアンダーヘアとは一生おさらばです。

 

 

 

最後に即効性です!これはブラジリアンワックスに勝る脱毛方法はないと言えます。

 

 

 

明日デートだ!海だ!という時には絶対ブラジリアンワックスがおすすめで効果的だということです!

 

 

 

 

女性のアンダーヘア処理には様々な方法がありますが、それぞれの特徴をよく理解して自分に合った脱毛法をチョイスしてほしいと思います。

 

 

 

その時にブラジリアンワックスのことを知っていれば、選択肢が一つ増えますよね!興味のある人はぜひ試してみてください!

 

 

 

 

 

アンダーヘアの脱毛はどんな形がいいのでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最近VIOラインの脱毛をする女性は急増中です。

 

 

 

少し前までは「ビキニライン」と呼ばれていましたが、現代ではV/I/Oラインの3つの部位に分けて脱毛するのが主流。

 

 

 

IラインOラインは全部脱毛する人がほとんどですが、アンダーヘアの形の決め手となるVラインはどうなのでしょうか。

 

 

 

どんな形?全無くし?悩める女性にアドバイスします☆

 

 

 

 

IラインOラインは全脱毛でキマリ!

よくわからない人に各部位の説明をしておきましょう!Vラインは先ほどお話しした通り、アンダーヘアの印象の決め手となる部分です。

 

 

 

女性がまっすぐ立った時に正面から見える範囲のアンダーヘアを指します。そこからもっと奥にいくと、女性器周辺をIライン。

 

 

 

もっともっと先へ進むと今度はお尻の穴の周辺をOラインと呼んでいます。Vラインには様々な形や濃さがあるのでのちほど解説しますが、IラインOラインに関しては無いにこしたことはないです。

 

 

 

迷ったらちょっと残すよりも、全部脱毛してしまうほうをおすすめします。まず、下着や水着の形を気にせず好きなものを好きな時に着ることができるようになります。

 

 

 

男性側からもその方が好評です。個人差はありますが、IラインとOラインの脱毛を実施することで、清潔で蒸れやニオイの煩わしさからも解放されるようです。

 

 

 

Iラインに関しては、ごく一部に完全に脱毛するよりは少し残した方が良いという意見もあります。「生理の時にナプキンが直接当たるのでかゆみが出た」「生理の時に横漏れしやすくなった」「性感染症になりやすいというデータがある」などがその理由です。

 

 

 

どうしても心配な方は、量を減らす・毛を薄くする程度にとどめてもいいかもしれません。

 

 

 

 

 

Vラインのデザイン、一番人気は自然な逆三角形!

 

f36cd7eeb3dbf1474f0fe8c94a8c2b32_s

 

 

 

Vラインの形にはどんな種類があるのでしょうか。高校生くらいになるとお友達がどうなっているのか気になり始める問題がアンダーヘア。

 

 

 

まだ薄い人、少ない人もいればしっかりと毛深い人もいるでしょう。まず1つは無法地帯…そのままのもじゃもじゃ状態ですね。よく言えば自然のまま、悪く言えば手入れを怠っている未処理状態です。お手入れが面倒だということでそのままの人も多いですね。

 

 

 

でもね、あまりにも自然すぎるとパンツからはみ出るのでこれはほどほどにしたほうがいいですね。

 

 

 

また、アイラインの割れ目に沿ったまま、一直線に小さくまとめる長方形型もあります毛の長さも短めとか若干残す人もいます。海外ではハート形なんかも流行っているそう。

 

 

 

もちろん全無くしのツルツルもアンダーヘアのデザインの1つ。ツルツルにすると毛の生え始めがチクチクするのでちょっと抵抗があるとか、長方形型やハート形は外人さんだから似合いそうな気もしますよね。

 

 

 

私たち日本人にはどんな形がいいのでしょうか。ずばりオススメは自然な逆三角形。好みや人にもよりますが手入れする前の形は、大きめの逆三角形の女性がほとんど。

 

 

 

そこから少しずつ面積を小さくして言って最終的には好みのサイズの逆三角形にしていくのが抵抗も少なく、自然な仕上がりということで1番人気です。

 

 

 

VIO脱毛で迷ったら逆三角形でオーダーするのが公開が少なく無難でいいですよ。

 

 

 

余談ですが、実はVIO脱毛はサロンにもよりますが、アンダーヘアの形は自由自在。もう本当に希望通りにできるところがほとんどです。サロンスタッフのお姉さんと相談して、納得のいくデザインにしてもらいましょう☆

 

 

 

部位によって痛みが気になる方もいると思いますが、今の脱毛はそれほど痛い思いはしないですね。そんなに痛かったらここまでVIO脱毛ははやりませんから。痛みもなくきれいに脱毛できるので多くの女性がVIO脱毛処理しています。

 

 

 

VIO脱毛のメリットとデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


VIO脱毛は今、本当に流行っています。

 

 

 

産婦人科の先生も衛生面から考えて脱毛を勧めているという記事を目にするほどです。

 

 

 

実際、VIO脱毛を受ける際、そのメリットとデメリットは何でしょうか。

 

 

 

VIOは自分でカミソリを使った自己処理では綺麗に剃る事が難しいお手入れしにくい場所なので慎重に処理したいですね。

 

 

 

ここではVIO脱毛を始めようか悩んでいるにとって、ためになるようなアドバイスをしていきます☆

 

 

 

 

VIO脱毛のメリット

男性の好みが気になる、履きたい下着を履けない、これらの煩わしさから解放されるのが最大のメリットではないでしょうか。

 

 

 

また、生理の際にムレや毛のからみも気にならなくなります。これらを解消するためには、自己処理が必要ですがとにかく面倒です。かといってお手入れをしないでそのままにするとボーボーになってこれもまた厄介なのです。

 

 

 

カミソリで剃ることもできますが、かゆいとか、チクチクするとか、これもまた面倒です。とくに現代の忙しい女性にとっては、そんな暇はありません。

 

 

 

それなら数か月に一度脱毛サロンに通った方がいいですよね。

 

 

 

VIO脱毛をすることで、男性にもっと積極的になれたり、ファッションを好きなように楽しめたり、今までムダ毛処理に使っていた時間を他の有意義な時間に費やすことができるのがVIO脱毛のメリットではないでしょうか。

 

 

 

 

VIO脱毛のデメリット

VIOの毛は太いので、毛抜きで自己処理している人も多いのではないでしょうか。脱毛期間は施術個所の毛を抜くことはできません。

 

 

 

つまり自己処理はシェーバーのみです。毛抜きが自己処理の手段だった方にとっては脱毛期間中の約2年間は「ジョリジョリ・チクチク」感は我慢せざるを得ません。

 

 

 

また、クリニックよりエステの方が時間と回数がかかり効果はどうなの?というのもデメリットです。効果があまり実感できず途中であきらめてしまう方も少なくないようです。

 

 

 

毛抜きを使って毛を抜くとなると痛いし、毛穴ダメージの可能性もあるのでおすすめはできません。

 

 

 

 

VIO脱毛体験談

私はVIO脱毛をしています。私の通っていたサロンではVIO脱毛について「全なくし」と「部分なくし(毛量を少なくする、形を整える等)」から選ぶことができました。現在私は全なくしを施術済みです。

 

 

 

今は自己処理の煩わしさや、水着を着る季節のうっとうしさからも解放されています。もともとVIO脱毛を始めたのはティーバックなど面積の小さい下着を着用することが多かったことが原因です。

 

 

 

女性はタイトなパンツスーツや薄手のスカートなどを履いた際に、フルバックだと下着のラインが出てしまい、ちょっとカッコ悪いんですよね。それが気になってTバックを履き始めたのですが、面積の小さい下着を着用し始めると今度はムダ毛が気になる…。

 

 

 

女性のオシャレにはキリがないというのが世の常ではありますが、これらのことを解決するために結局VIO脱毛に踏み切りました。

 

 

 

率直な感想は本当に楽です!脱毛の費用、料金や痛みについては先述した通りですが、施術の後日談としては思わぬラッキーが多かったように思います。

 

 

 

まずは当初の目的通り、好きな形の下着を身につけることができるようになりました。今では履きたいボトムスをいつでも着ることができます。

 

 

 

夏になり、海やプールに出かける前日も、気にすることはありません。月に一度の生理の期間も以前より気が楽になりました。何となく風通しがよく衛生的な気がするので…これはあくまでも私の主観ですが。

 

 

 

トイレで憂鬱な気分になる時間は減ったように思います。一つ気になったことがあり、以前に通っていた脱毛サロンのお姉さんに質問してみたことがあります。

 

 

 

「温泉や銭湯などの集団浴場で、アソコの毛がないって恥ずかしいことなんですかね?」というもの。

 

 

 

お姉さん曰く、集団浴場にはまだまだご年配の方が多いかもしれないけど、10年くらいたてば脱毛している人とそうでない人の割合は半々になるのではないか、だそう。つまりそれ以降は脱毛している人の方が多くなる。

 

 

 

今はまだ「なんでアソコの毛がないの?」という雰囲気でも少し待てば「なんでアソコの毛の手入れをしてないの?」という時代も来るかもしれないということです。余談でした☆

 

 
日本の文化って海外から取り入れているものが多くあります。ファッションとか美容、ダイエットなんかもそうですね。今までVIOという言葉すらなかったものが少しづつ浸透しているわけです。

 

 

 

なので、今後はVIO脱毛自体、脇脱毛と同じような感覚になるのではないでしょうか。たぶんですけど。。。。

 

 

 

 

iライン永久脱毛のメリットとデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


夏に向けて、アンダーヘアのお手入れや脱毛を考えている女性は多いはず。

 

 

 

一昔前だと女性のアンダーヘアの脱毛は「ビキニライン」でひとくくりにされていました。

 

 

 

現在はV/I/Oの3つの部位に細かく分かれ、好みの部位、形など、どこまで脱毛しようか検討することが可能です。ここではその中でもIラインの脱毛について解説していきます。

 

 

 

 

Iライン脱毛についてみんな考えていること

Vラインを脱毛する女性は急増中です。ことに夏場になると多くの女性が気になる場所でもあります。

 

 

 

Vラインは女性がまっすぐ立った時に、正面から見える範囲のアンダーヘアのこと。最初はみんなVラインの脱毛を検討し始めます。

 

 

 

当然ですよね。。。水着になるときはみ出ないか心配ですから。。特に彼氏とのデートで海やプールの際にそんなことがあってはいけないですから女性は、夏だプールだ脱毛だ!となるのですね。

 

 

 

Vラインの脱毛しようと思ったときに悩む場所がIラインの脱毛ですよね。「Vラインと一緒にIライン(Oライン)も脱毛しちゃった方が良いの?」「Iラインはどのくらい脱毛するの?」Vラインの脱毛に決心がついても、そこから先を決めかねている女性は多いようです。

 

 

 

Iラインはどこまでの範囲をいうの?Vラインとの境目は?一応の答えとして一般的には、脚・足の付け根~女性器の粘膜以外の部位を指します。要するに女性器周辺なので粘膜部分の毛もそうなんでしょう。そりゃぁ勇気がいります。

 

 

 

といって、お友達にIラインってどうしてる?なんて恥ずかしいし、聞くこともできずにどうしようか悩んでいる女性も多いと思いますので、メリットデメリットよく考えて検討するといいでしょう。

 

 

 

 

Iライン脱毛のデメリット

生理の時にナプキンが直接デリケートゾーンに触れるので、人によってはかゆみやかぶれの原因になる場合もあるようです。

 

 

 

敏感肌の人はケミカルナプキンから、コットン100%の物や布ナプキンに切り替えるのがおすすめです。また、経血が流れやすく流動的になるので横漏れするという声も聞かれます。

 

 

 

もともと出血量の多い人はIライン脱毛で思わぬ誤算が発生するかもしれません。生理の蒸れやニオイなどの不快感からは解放される反面、このようなデメリットも視野に入れてIライン脱毛に踏み切れるといいでしょう。

 

 

 

毛がなくなることで冷えて生理痛がひどくなったという話も聞きます。アンダーヘアに保温性までは期待できないような気がしますが…。個人的には気のせいなのでは?と思ってしまいます(笑)。

 

 

 

デメリットの番外編としては「どうしようか悩んでいる間に夏になってしまった、または彼氏ができてしまった」「Vラインと同時にセット脱毛しなかったので余計にお金がかかった」「ちょっと残さず全部脱毛すればよかった」など、やらなかった/やりきらなかったことへの後悔も挙げられます。

 

 

 

なので、Iライン脱毛したと想定して一時的に毛を剃ってみるといいのではないでしょうか。自宅でIラインを自己処理するわけです。全部剃るとツルツルになるのでそこまで剃らなくてもいいでしょう。

 

 

 

そうすることで実際にIライン脱毛したらどんなふうになるのか?自分にはIライン脱毛が合っているのか?想定外の思わぬハプニングが起きないか?などわかると思います。

 

 

 

形やどの程度残せばいいのかどこからどこまで処理すればきれいなのかなどイメージできるので、Iライン脱毛で悩んでいるならば一度毛を剃ってみるとよいでしょう。

 

 

 

脱毛前なのでまた生えてきますから!

 

 

 

とはいってもうまく剃れない人もいると思いますのでカミソリで剃る場合はご注意くださいね。また、うまく剃れないからといって仕上がりが汚いと逆に気になるのでできるだけ綺麗に剃る様にするしかないですね。

 

 

 

 

Iライン脱毛のメリット

デメリットで最初に紹介した生理の時や、日本の夏の暑い時期特有のニオイと蒸れやかゆみが劇的に解消されるというのがIライン脱毛済の女性から最も多く聞かれる声です。

 

 

 

月に一度とは言え、女性はあの時期本当につらいし面倒くさいんですよね。少しでもその煩わしさから解放されるなら、Iライン脱毛にチャレンジしてみる価値は大アリだと私は思います。

 

 

 

男性側から見て女性のアンダーヘアの毛量には好みがあることは確かです。

 

 

 

でも多くの場合Vラインに限った話のようで、IラインOラインについては無毛地帯を望む声が想像以上に聞かれます。また、下着や水着の形を気にせず好きなものを身につけられるというのもIライン脱毛の嬉しい特典ですね☆

 

 
ほとんどの下着はVラインがとてもえぐいのでVの角度もIに近づいているものもあります。本来脚の付け根のVラインに合わせた下着が主流でしたが、どんどん小さくなっているので毛の量が多い人、毛が長い人ははみ出ることもありますよね。

 

 
Iライン脱毛のメリットとデメリットをご紹介してきました。確かにIライン脱毛にもデメリットは考えられますが、それをカバーするほどのメリットがあることを知っていただけたでしょうか?

 

 

 

Vライン脱毛を検討している女子はついでに恥ずかしいと思わずにミュゼやエステなどでキレイにIラインも脱毛しちゃうのがおすすめですよ☆

 

 

 

Vラインは脱毛サロンと脱毛器どっちがおすすめ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


女性にとってVラインの脱毛というのは、やはり特別なものです。

 

 
夏場の海やプールでの水着、好きな男性とのベッドイン、女性同士での温泉旅行などVラインの毛が気になる機会というのは本当に多いものです。

 

 
最近では、ワキや腕、足の脱毛と同じようにVラインの脱毛を考える女性も多くなっています。

 

 

 

しかしながら、そこで迷うのが脱毛サロンと脱毛器、どちらがいいのかというところです。

 

 

 

ズバリ、脱毛器がおすすめ!

Vラインの脱毛においては、脱毛器がおすすめです。というのも、まずその理由として挙げられるのが他の人にデリケートな部分を見られる恥ずかしさがないというところです。

 

 

 

見られても全然平気という人は脱毛サロンのほうがきれいになるのでいいですけど、そうではない人はやっぱり恥ずかしいですよね。

 

 

 

特に、処理をしていない状態のデリケートゾーンを見られるのはやはり同性であっても抵抗があるでしょう。むしろ、同性だからこそ恥ずかしいという部分もあるかもしれません。

 

 

 

実際は脱毛サロンのすがっふの方は職業としてやっているのでこちらが思っているほどまったく気にしていないものです。なんとなく、見られているというだけですが、見ているのは施術している毛のほうですから。

 

 

 

脱毛器であれば、目にするのは自分だけですし、他の誰かに見られる心配も恥ずかしさもありません。次に、お金の問題です。

 

 

 

というのも、脱毛サロンには定期的に通わなければいけませんし、そのために結構なお金がかかります。しかしながら、脱毛器の場合は最初に購入する必要があるので一時的にお金はかかるものの、長く使えるものになりますのですぐに元は取れるのです。

 

 

 

特に、脱毛というのは脱毛サロンであっても個人差がありますので、想定してしたよりも時間もお金もかかってしまうという可能性も出てきます。

 

 

 

脱毛器であれば、仮に時間がかかったとしても自分のペースで進めていくことができますし、購入した後にはお金がかかりません。

 

 

 

自宅に脱毛器があることによって、他の部位の脱毛もできるのですからまさに一石二鳥です。いつでも処理できるという安心感も脱毛器の大きな魅力です。

 

 

 

 

恥ずかしくないなら脱毛サロンでのVライン脱毛もOK

脱毛器がおすすめという話をしましたが、だからといって脱毛サロンが悪いというわけではありません。

 

 

 

やはり、その道の専門家やプロの方にデリケートな部分の施術をしてもらえるというのは大きな魅力です。

 

 

 

他の人に見られても平気、女性に見られても平気という方であれば、脱毛サロンも選択肢のひとつとして考えておくといいでしょう。

 

 

 

脱毛サロンの方も実際にいろいろな方の体を見ていますので、今更驚くといったことはないものです。

 

 

 

お金も手間も時間もかかりますが、やはり安心して任せられるというのは、大きなポイントになってくるでしょう。

 

 
VラインからIラインと自分で処理する場所が増えた場合脱毛サロンであればきれいにしっかりやってくれますが、自分でやるとどうしても見えない場所、見えにくい場所があるので適当になりがちです。

 

 

 

自分でこんなもんでいいかな。と終わってしまいがちです。どちらも一長一短があるのでよく検討する必要があります。

 

 

 

 

私のVIO処理は脱毛シェーバーでシェービング!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


東京都在住のKINAKOといいます。

 

 
私のVIO処理は、スキバサミを使って余分な毛を空いてから、脱毛シェーバーでシェービングをしています。

 

 
その後、アフターはデリケートゾーン対応として家庭用美容機を使います。

 

 
さすがに、外で処理をしてもらうのは恥ずかしいので、通常こんな感じで自己処理をしています。

 

 

 

家庭用美容機器って顔以外にも対応しているので、全身使うことができます。

 

 
ちょっと顔以外に使うのに抵抗があるという方は、処理をする前に、アルコールなどで消毒をしてから使う事をおすすめします。

 

 

 

流石に、サロンでの施術が良い評判が多くても、恥ずかしくて行けないことが多いので、美容機を活用しています。

 

 
家庭用美容機器だと、かなり節約になるし、出力もそこまで強いわけではないので、あまり痛みを感じないで処理をすることができます。

 

 

 

脱毛をする際は、サロンに行くのかそれとも家庭で処理をするのかについて悩まれている方も多いのではないでしょうか。斯く言う私もその一人です。

 

 

 

VIOを自己処理するメリットとしては、好きな時間にできるので、時間やスケジュールで拘束されないことがポイントですね。

 

 
また、費用対効果としては圧倒的に自宅での施術になるのでとても安価です。

 

 

自己処理でも、カミソリを使うのに失敗したら、という方も多いかもしれないのですが、わたしはカミソリではなく、美容機器を活用するといいと思っているのでお勧めします。これは、シェーバーの方が安全に剃れるからです。

 

 

 

VIOを自己処理するデメリットとしては、家庭用美容機器が沢山売られているので、家庭での正しい処理の仕方がわかりにくかったり、失敗するかもしれないというリスクが多少あることです。

 

 

欧米では、既にアンダーヘアーの脱毛が常識になっているみたいなのですが、水着を着て夏ならではのマリンスポーツなどを楽しみたいというときに、アンダーヘアーの処理について悩むのは少々もったいない気がします。

 

 

 

また、皮膚に対するジェルの塗布やクリーム塗布など、サロン並みの施術について自分でもできなくはないので、費用対効果については自己処理で十分ではないかなという気がします。

 

 
いくら、エステスタッフが女性であるからといっても、足を広げて脱毛処理を依頼するのは、とんでもなく恥ずかしいので、自己処理をするのが私の定番です。

 

 

 

これからについてなのですが、背中の脱毛器が発売されるなどしているので、サロンへあまり行かないでも済みそうな気がします。

 

 

続けられるお手入れの仕方について、考えていきたいなあと思っています。

 

 
今の方法が最善かどうかはわかりませんが、なるべくコストパフォーマンスを重視して考えていきたいと思います。

 

 

 

 

おすすめ全身脱毛

「ハイジニーナ」カテゴリのおすすめ記事

まだデータがありません。

最近の投稿
カテゴリー