脱毛で「やけど」するって本当なの?

全身脱毛?永久脱毛?部分脱毛?あなたにおすすめの脱毛情報

脱毛したいけど全身脱毛、永久脱毛、部分脱毛どうすればいいの?事前に不安や悩み、疑問を解決できれば安心ですね。ミュゼプラチナムや脱毛ラボ、キレイモ、銀座カラーなどいろいろな脱毛サロンがありますが、知名度の高い人気の脱毛サロンを選ぶ事をおすすめします。

脱毛で「やけど」するって本当なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


脱毛した時にやけどをしちゃったって話をあちらこちらで聞いたことがあるけど、本当なのかな?って思っている人もいると思います。

 

 

 

実際のところ、脱毛の施術でやけどをすることってあるのでしょうか?

 

 

 

脱毛によるやけどの危険性について、まとめてみましたのでご紹介します。

 

 

 

脱毛方法の違い

永久脱毛には、大きく分けて3つの種類があります。

 

 

 

1つ目は、ニードル脱毛です。

 

 

 

この方法は、毛穴に針を差し込んで電流を流すことで脱毛をする方法です。電流を流すときに熱が発生し、まれにやけどに似た症状を起こすことがあります。最近は、使う針が絶縁針になったことで、昔よりやけどのような症状を起こすことは減りましたが、ゼロではありません。

 

 

 

2つ目は、レーザー脱毛です。

 

 

 

これは、黒い色に反応するレーザーを肌に照射して毛根を破壊する脱毛方法です。黒い色に反応するので、ほくろなどがある場所は脱毛できません。また、日焼けした肌に施術することもできないことがあります。レーザーで毛根を破壊するので、レーザーのパワーが大きいと、やけどをすることがあります。

 

 

 

3つめは、光脱毛です。

 

 

 

これは、レーザー脱毛よりも弱い光を当てて、肌のメラニンと反応させて高熱で脱毛する方法です。レーザー脱毛よりもパワーが弱いので、やけどの心配はあまりありませんが、やはり高熱が発生するので、まれにやけどをすることもあります。

 

 

 

このように脱毛の種類によって脱毛によるやけどのリスクは違ってきます。また、肌質にもよることろが大きいでしょう。敏感肌の人は少しのレーザーや光によって赤くなったりすることもあります。

 

 

 

場合によっては日焼けのように赤くなってしまうことも人によってはあるようです。なので、気になる方は最初にパッチテストなどを実施して肌の耐久性を事前に確認することでやけどのリスクを減らすことも可能です。

 

 

 

やけどしちゃったらどうすればいいの?

脱毛の施術でやけどをしてしまった場合、どうすればいいのでしょうか。レーザー脱毛は、医療機関で行う脱毛方法なので、やけどのような症状が出た場合には、その場で処置をしてもらえます。

 

 

 

ニードル脱毛も、やけどのような症状が出たときはその場で処置をしてもらえることがほとんどです。つまり、レーザー脱毛やニードル脱毛は医療機関での施術となるのですぐに対応が可能ということなんです。

 

 

 

光脱毛は、脱毛サロンで行うので、その場での医療処置はできませんが、提携している医療機関を紹介してもらえることがほとんどなので、やけどの症状が出た場合は紹介された医療機関で処置を受けましょう。

 

 

 

紹介してもらうことはできますが、行くか行かないかは本人次第になるので、行かないことで何か症状が悪化しても自己責任になるので、何かしら気になる事があればその脱毛サロン提携の医療機関ですぐに見てもらうことが大切です。

 

 

 

どの脱毛方法でも、その場でやけどの症状に気づかなかった場合は、症状に気づいたときすぐに冷やして、なるべく早く施術を受けた機関に連絡をしましょう。

 

 

 

脱毛でやけどをしたらすぐ処置を

このように、脱毛でやけどをしてしまうことは、場合によっては起こり得ることです。確かな技術力を持っている機関で脱毛を行う方が安心できます。

 

 

 

肌がヒリヒリしたり、赤くなるなど、やけどの症状が出たら、すぐに冷やして、施術を受けた機関に連絡をするようにして下さい。

 

 

 

脱毛でやけどすることはうそとも言い切れません。場合によってはあり得る話なので、そのリスクを認識しておくことは大事です。

 

 

 

施術前のカウンセリングでどの程度やけどの可能性があるのか聞いておくと安心できるでしょう。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【キレイモ】

VIO脱毛

おすすめ全身脱毛

「脱毛」カテゴリのおすすめ記事
最近の投稿
カテゴリー