脱毛 副作用 硬毛化 症状 対処法

全身脱毛?永久脱毛?部分脱毛?あなたにおすすめの脱毛情報

脱毛したいけど全身脱毛、永久脱毛、部分脱毛どうすればいいの?事前に不安や悩み、疑問を解決できれば安心ですね。ミュゼプラチナムや脱毛ラボ、キレイモ、銀座カラーなどいろいろな脱毛サロンがありますが、知名度の高い人気の脱毛サロンを選ぶ事をおすすめします。

脱毛の副作用?硬毛化とは?(硬毛化、症状、対処法)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


これから脱毛を考えている人にとって、気になるのは、脱毛処理による副作用ですよね。そんな脱毛の副作用に「硬毛化」という現象があります。

 

 

脱毛に副作用があるなんて、、、そう思った人もいるかもしれませんが、脱毛の副作用の一つに「硬毛化」があります。

 

硬毛化とは何でしょうか。ここでは、硬毛化について、ご説明します。

 

 

 

硬毛化って何?

私たちの体毛には大きく分けて、硬毛と軟毛の2つの種類があります。

 

 

硬毛とは、髪の毛やわき毛、アンダーヘアのような、硬くてしっかりした毛のことをいいます。

 

 

一方、顔やうなじなどにはえているふわふわの薄い毛のことを軟毛といいます。つまり、硬毛化とは、柔らかい軟毛が硬毛になることをいいます。

 

 

もともと顔やうなじは軟毛ですが、これが硬毛になってしまったら、、、産毛ではなく髭(ヒゲ)ですよね。

 

 

うなじだったら、変なところから硬い髪の毛が生えている。。。そんな風に見られてしまいます。

 

 

硬毛化ってどんな症状が出るの?

軟毛が硬毛化すると、どのような症状が出るのでしょうか?

 

 

軟毛は、メラニンが少なく、細くて薄いことが特徴です。これが硬毛化することによって、脱毛する前よりも毛が太くなったり、長くなったりするんです。

 

 

つまり、脱毛する前よりも濃くなってしまうことがあります。そんなの嫌ですよね。ムダ毛が濃くなりたくないから、きれいになりたいから脱毛するのに、硬毛化してしまったために逆に太い毛になったり毛深くなってしまっては困ります。

 

 

硬毛化してしまうと、その毛をレーザー脱毛するためには、サロンに1年~2年くらい通わないと脱毛できなくなってしまうこともあります。

 

 

いやですね。みなさんきっと1年くらいできれいになろうとか、計画を立てているはずです。それが硬毛化のために脱毛サロンへ通う期間が延びてしまっては大変です。

 

 

人によっては期間コースを選んだ人もいるでしょう。となれば、期間内では終わらなくなってしまったり、延長となり予定外の出費、費用となるかもしれません。

 

 

硬毛化になってしまったらどうすればいいの?

硬毛化の原因は、実は科学的にははっきりとしたことはわかっていないのです。

 

 

ただ、うぶ毛のような軟毛を処理するには、硬毛よりも弱いレーザーを当てないと脱毛できません。

 

 

このときに、硬毛よりも弱いレーザーを当てることで、軟毛がはえている皮膚が活性化して、結果として軟毛が硬毛になってしまうのではないかといわれています。

 

 

体毛は必要なので生えているわけですから、体内の能力として危険を察知するのでしょうね。軟毛ではだめだ、もっと強くてしっかりとした毛にしないと!って具合で太くなっちゃうのかもしれないですね。

 

 

対処法としては、弱いレーザーを当てることで、硬毛化した毛が軟毛のときより簡単に抜けることもあります。

 

 

また、今までと違う波長が出るレーザーを当てることで、今までのレーザーでは脱毛できなかった毛が脱毛されることもあります。

 

 

または、軟毛のときよりも強い熱量を当てることで、硬毛化した毛を脱毛する方法もあります。

 
ただ、この方法は2、3回やっても効果が出なかった場合には、サロンに通うのをしばらくお休みした方が良いでしょう。

 

 

ニードルを毛穴に差し込んで、1本ずつ毛を抜く対策もあります。この方法は、一番しっかり脱毛できる対策ですが、ご存じのとおりニードル脱毛は痛みを伴う脱毛方法となるので、おすすめ具合としては低いですし、ほとんどの方は痛みの少ない脱毛を希望しているので。。。ちょっとこれは難しい選択になりそうですね。

 

 

万が一硬毛化してしまったら、脱毛サロンと再度カウンセリングにより対処方法を決めたほうがよさそうです。

 

 

しっかり対策して、安心できる脱毛を!

硬毛化の対策には、ニードル脱毛がもっとも効果が高いですが、この方法はお値段も高いのが難点です。

 

 

サロンに通うのをしばらくお休みすることが、一番身近な対処法といえるでしょう。

 

 

短期集中でサロンに通っても、回数が増えるだけで脱毛する期間が短くなるわけではありません。

 

 

脱毛は、場合によっては、お休みすることも重要だということを覚えきましょう。

 

 

脱毛を効果的に行うのは知識のあるスタッフの方と随時確認することが大事なことです。

 

 

脱毛の進捗具合を確かめながら、当初予定していた通り進んでいるのか。それとも遅れているのかなどは気軽にスタッフの方と話をしながら進めるといいでしょう。

 

 

実際、自分で見ても硬毛化したのかよくわからないと思うので、自己判断せずに話をして確実にきれいになっていきましょうね。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【キレイモ】

VIO脱毛

おすすめ全身脱毛

「脱毛」カテゴリのおすすめ記事
最近の投稿
カテゴリー