全身脱毛 永久脱毛 おすすめ 安い 口コミ 評判

全身脱毛?永久脱毛?部分脱毛?あなたにおすすめの脱毛情報

脱毛したいけど全身脱毛、永久脱毛、部分脱毛どうすればいいの?事前に不安や悩み、疑問を解決できれば安心ですね。ミュゼプラチナムや脱毛ラボ、キレイモ、銀座カラーなどいろいろな脱毛サロンがありますが、知名度の高い人気の脱毛サロンを選ぶ事をおすすめします。

脱毛と生理。関係ある?とかないとか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


脱毛に興味を持っている女性は多いことでしょう。

 

 

 

しかしながら、女性が脱毛を考える際にはやはり生理についても考えておく必要があります。

 

 

 

ここでは、脱毛と生理についてお話していきましょう。脱毛と生理って一見何の関係もないように思えますが、実は関係があるようです。

 

 

 

 

ズバリ、脱毛と生理は関係ある!

女性である以上、生理というのは毎月来るものです。脱毛をするにあたって定期的に通うことになるかと思いますが、女性の場合には生理周期のことも考えた上で予定を立てて行かないといけないんです。

 

 

 

というのも、脱毛と生理というのは関係があるからなんです。実際に、ほとんどの脱毛サロンやクリニックで生理中の施術というのはおこなっていませんし、生理中の脱毛は制限があります。

 

 

 

基本的に生理期間中の脱毛はできないと思っていたほうが良いでしょう。生理初日だからいいとかばれなければいいということではないので無理をしない事です。

 

 

 

まず、生理中には肌が敏感になります。生理前から生理中にかけて顔がかゆくなってしまう、肌荒れになってしまうという方は非常に多い傾向があるようです。

 

 

 

この状態で脱毛の施術を受けてしまうと、いつもより痛みを感じることもありますし、感染症などになってしまう可能性もあります。

 

 

 

生理期間中というのはホルモンバランスが乱れますし、それによって抵抗力も落ちてしまうなどの影響もあります。

 

 

 

また、このホルモンバランスというのは体毛にも大きく関係してきます。そのため、生理中に脱毛の施術を受けても効果が感じられないといった可能性も十分出てくるのです。

 

 

 

こういったところがあるため、基本的には生理期間中の脱毛施術というのは避けるべきなのです。

 

 

 

 

生理中でも脱毛の施術を受けられるところはある

fe6c2085cfedba1473a131fb098c6195_s

 

 

 
ただ、生理中だからといって門前払いされるわけではありません。というのも、一部の脱毛サロンではVIOのデリケートゾーンを除いた部位の脱毛施術であれば受け付けてくれることもあるのです。

 

 

 

「生理中だけど、どうしても脱毛しなければいけない理由がある!」という方もいるでしょう。

 

 

 

そういった場合には、先でお話した生理中の脱毛のリスクを十分に理解した上でVIO以外の部位で施術を受けるようにしましょう。

 

 

 

中には生理の予定が狂ってしまって、脱毛サロンを予約した日に生理になってしまったということもあるかもしれません。

 

 

 

そういった場合には、VIO以外の部位の脱毛施術をして、VIOは別の日に振り替えという形を取ってくれる脱毛サロンもあります。

 

 

 

こういった部分に関しては、事前に脱毛サロンで話を聞いておくといいでしょう。

 

 

 

特に、生理不順でいつ生理が来るかわからない、生理が予定より遅れたという方は、そういったことも含めてミュゼプラチナム、リンリン、ジェイエステ、銀座カラー、脱毛ラボ、キレイモ、レイビスなどの脱毛サロンに事前に相談しておくべきです。

 

 

 

予約当日のキャンセルとなるとキャンセル料が発生するサロン、クリニックがあるので事前に確認しないと自己責任により余計な出費が発生する可能性があるので注意しましょう。

 

 

 

 

ブラジリアンワックスって痛そうだけど効果ある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


今、様々な方法でアンダーヘアを手入れしている女性は多いですよね。

 

 

 

自己処理はもちろん、その他にもサロンでの脱毛やクリニックでの脱毛、そしてブラジリアンワックスを使ったvio処理も興味がある女性は多いと思います。

 

 

 

ここでは今話題のブラジリアンワックスについて、みんなが気になる痛みと効果についてご紹介していきます!

 

 

 

 

ブラジリアンワックスは現在では古典的な脱毛法

ブラジリアンワックスはアンダーヘアの脱毛方法の中でも有名なので帆聞いたことがあると思います。

 

 

 

もともとワックス脱毛という脱毛の手段があるのですが、その中でもデリケートな場所周辺の毛を処理するための手段方法をブラジリアンワックスと呼んでいます。

 

 

 

元々は女性がTバックの下着を身に着けるために使われるようになった脱毛法です。ブラジルはTバック発祥の地と言われていますから、そこから命名されているのでブラジリアンワックスと言うわけです。

 

 

 

施術方法はいたってシンプル。脱毛用に開発された特別なワックスを脱毛範囲の肌に塗っていきます。そのワックスがムダ毛と一緒に固まったところで一気に毛根ごと引き抜くというちょっと荒々しい手法の事です。

 

 

 

腕や足にガムテープを張り付けて、勢いよく剥がせばテープ側にある程度毛が付着していますよね。それの超強力バージョンです。

 

 

 

テープと異なるのはワックスを固めるということ。テープと比較して粘着部に毛がよりフィットします。

 

 

 

果たして痛いのでしょうか。

 

 

 

あなたの想像通りかなり痛みを伴います。痛いです。大量の毛を瞬間的に無理やり引っ張るので痛いにきまっています。

 

 

 

ブラジリアンワックスの使い方、コツは剥がすタイミング、剥がす方向を見極めて一気にはがすことです。躊躇すると余計に痛くなるので一気に行きましょう!

 

 

 

女性のアンダーヘアはV/I/Oの3つの部位に分けることができますが、中でも痛みを訴える人が多いのはIライン。

 

 

 

女性が立った姿勢で正面から見える範囲のVラインよりもっと奥まった部分です。慣れている人でも、思わず「痛い!」とつぶやいてしまうそう…。

 

 

 

こうなると罰ゲームですね。

 

 

 

でもちょっと待って。現在主流の光脱毛やレーザー脱毛によるVIO脱毛の痛みは皆無かというと答えはNO。

 

 

 

結局アンダーヘアの脱毛をするには多かれ少なかれ痛みは伴います。羞恥心という精神的痛みも結局はどんな脱毛法でも大差ありません。

 

 

 

期間、費用、メリットデメリット…様々な面を考慮した結果、自分に一番合った脱毛法を選択すればよいだけなのです。

 

 

 

 

ブラジリアンワックスのいいところはとにかく即効性!

b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s

 

 

 
ブラジリアンワックスの他にアンダーヘアの手入れ方法としては、自己処理と永久脱毛があります。

 

 

 

この3つを比較してみましょう。まず見た目!自己処理ではキレイになりきれないケースが多いですが、ブラジリアンワックスと永久脱毛は仕上がりがきれいなところがいいですよね。

 

 

 

次に肌トラブル。シェーバーを使った自己処理や、無理に毛を引き抜くブラジリアンワックスはやはり肌を痛め炎症を伴うこともあるので不利です。

 

 

 

それに対して脱毛サロンは肌に対する負荷が少ないのが特徴です。

 

 

 

そして仕上がりの継続性、持続性はどうなのでしょう。自己処理だと週に2~3回は手入れをしないと美しいVIOラインは保てません。

 

 

 

ブラジリアンワックスは一度施術をすればしばらくアンダーヘアの処理に悩まされる心配はありません。また、継続してブラジリアンワックスを行うことで、表に出てくる毛が薄くなる傾向もあるようです。

 

 

 

永久脱毛は言わずもがな、施術が完了すればアンダーヘアとは一生おさらばです。

 

 

 

最後に即効性です!これはブラジリアンワックスに勝る脱毛方法はないと言えます。

 

 

 

明日デートだ!海だ!という時には絶対ブラジリアンワックスがおすすめで効果的だということです!

 

 

 

 

女性のアンダーヘア処理には様々な方法がありますが、それぞれの特徴をよく理解して自分に合った脱毛法をチョイスしてほしいと思います。

 

 

 

その時にブラジリアンワックスのことを知っていれば、選択肢が一つ増えますよね!興味のある人はぜひ試してみてください!

 

 

 

 

 

脱毛で毛穴は広がらない?目立たない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


脱毛サロンで脱毛したいけど、脱毛した後、毛穴が広がったりしないか心配な人もいると思います。

 

 

 

脱毛サロンでの施術で、毛穴が広がったり、脱毛前より目立つようになったりしないのか、そんな話を聞いたり、聞かなかったりしますが、実際はどうなのでしょう。

 

 

 

大切なことは脱毛後のアフターケアです。

 

 

 

 

脱毛は毛穴を消すことではない

自己処理で脱毛する場合によく行うのは、カミソリでの剃毛や毛抜きでの処理だと思います。誰もがやったことある方法ですね。手短だし簡単だし、お金もかからないのでほとんどの人が経験しているのではないでしょうか。

 

 

 

これらの方法は、簡単にムダ毛を処理できますが、毛穴に直接ダメージを与えるため、炎症を起こして赤くブツブツになってしまったり、肌がカミソリのダメージのせいで固くなったり、メラニンが分泌されて黒いブツブツになったりしてしまいます。

 

 

 

カミソリを使うことでムダ毛を処理することはできますが、同時に大切な肌に大きなダメージを与えているんですから何かしら起きても不思議ではありません。

 

 

 

毛抜きで何度も毛を抜くことで、ひとつの毛穴から複数の毛が生えてきてしまい、毛穴が目立つ結果になったりもします。毛抜きでのムダ毛処理は痛いだけではなく、毛根を抜き去るので毛穴周辺にダメージが出てしまいます。

 

 

 

これを繰り返すことで小さな毛穴がだんだんと大きくなってくるわけですね。

 

 

 

脱毛サロンでの脱毛は、毛穴をなくすことはできません。でも、サロンで脱毛することで、自己処理による肌への負担がなくなって、毛穴が目立たなくなったり、肌をケアすることで施術前よりも肌が綺麗になったりします。

 

 

 

また、脱毛することで毛穴がすぼまった状態になり、毛穴に汚れがたまりにくくなることで、脱毛前よりも目立たなくなる効果もあります。

 

 

 

さらに、光脱毛の光には、美肌効果があったり、施術の前後にジェルなどを使用するコースでは、そのジェル自身に美肌効果のある成分が含まれていることがあります。

 

 

 

その効果で、毛穴が目立たなくなる人もいるようですよ。

 

 

 

光脱毛の場合肌に対して光を当てているのではなく黒い部分となる毛にダメージを与えるのでカミソリや毛抜きよりはダメージは少ない様です。

 

 

 

 

毛穴を目立たせなくするためのアフターケア

脱毛サロンで施術を受けたあと、どのようにアフターケアをすれば、より毛穴が目立たなくなるのでしょうか。

 

 

 

まず大切なことは、保湿することです。脱毛したあとの肌は、とても乾燥しています。そのままにしておくと、肌荒れの原因になってしまい、毛穴が目立ってしまうことになってしまいます。

 

 

 

施術を受けたあとは、化粧水でしっかり保湿して、お肌を優しく守って下さい。

 

 

 

日光を直接浴びることも避けましょう。

 

 

 

脱毛したあとの肌に直射日光を浴びると、色素沈着などの原因になったり、肌が炎症を起こしてしまい、結果として黒いブツブツができてしまうことにつながります。

 

 

 

脱毛後2,3日は、日焼け止めをしっかり塗って、直射日光に当てないようにしましょう。

 

 

 

これをやるかやらないかで全然変わってくるのでしっかりとケアしましょう。夏の日焼けもしっかりケアすることで大切な肌を守ることができます。同じように脱毛サロン後もケアすることできれいな肌をキープしましょう。

 

 

 

自己処理は厳禁!サロンで脱毛してしっかりアフターケアを

このように、自己処理では毛穴が余計目立ってしまう原因になります。

 

 

 

脱毛サロンで施術を受けて、アフターケアをしっかりすることで、毛穴レスのすべすべのお肌を手にいれましょう。

 

 

 

毛穴が広がったり目立ったりすると汚れが溜まりやすくなります。そうなるとさらに毛穴は黒ずみ目立ってきます。毛穴は広がってしまうといいことがありません。

 

 

 

 

脱毛後の気になる肌ダメージと肌ケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


永久脱毛したいけど、その後の肌ダメージが気になる人も多いと思います。

 

 

脱毛でお肌がツルツルになると思っていたのに、実際には、肌トラブルを起こしてしまっては残念な結果になってしまった。という方もいるので注意が必要です。

 

 

では、脱毛することで、肌にどのようなダメージがあるのでしょうか?

 

 

 

脱毛後の肌ダメージとケアについてまとめました。実は脱毛サロン後の自宅でのアフターケアをするかしないかで肌ダメージは変わってきます。

 

 

 

なので、おうちに帰ってからも肌ケアが大切です。そのポイントをご紹介しますね。

 

 

 

脱毛の種類とそれぞれのダメージ

永久脱毛には、大きく分けて3種類の脱毛方法があります。

 

 

 

まず、毛穴に細い針を差し込んで弱い電流を流すことで、一本ずつ脱毛していくニードル脱毛です。この方法は、脱毛効果がとても高いことが魅力です。

 

 

 

ただし、毛穴に針を差し込んで行うので、痛みを感じやすいことが難点です。電流を流すことで、火照ったり、赤く炎症したりするダメージがあります。

 

 

 

脱毛効果は高いけども肌ダメージもその分大きくなってしまいます。なので、ニードル脱毛法を選択する方は脱毛サロンだけではなく自宅での肌ケアも大切だということです。

 

 

 

医療機関で行うレーザー脱毛もあります。脱毛サロンよりも強いレーザーを照射して、毛根にある毛を作る部分を破壊する脱毛方法です。

 

 

 

この方法は、サロンでの脱毛よりも効果が高いですが、脱毛サロンよりも強いパワーの照射を行うので、サロンでの脱毛より痛みを感じやすいことが難点です。場合によっては麻酔を使用してもらうこともできます。

 

 

 

肌が赤く炎症したり、肌が弱い人はヤケドのような症状が出ることもあります。

 

 

 

肌質にもよるでしょう。みんながみんな赤くなるわけではありません。色白の方は夏の海で真っ赤になる事も多いと思いますが、そんな感じに似ているのでまずは体質がどうなのかカウンセリングで確かめておきましょう。

 

 

 

脱毛サロンで行う脱毛は、光脱毛といって、医療機関よりも弱い光を照射が、毛根の黒いメラニンに反応して毛根を破壊することで脱毛する方法です。

 

 

 

肌がひりひりするほどのダメージは出にくいですが、やはり、脱毛後に赤く炎症したりすることがあります。

 

 

 

脱毛することで少なからず肌ダメージを受けることは間違いないことです。但し人によっては出やすい人出にくい人がいるということです。

 

 

 

 

脱毛後のケア

このように、ダメージを受けた肌を、どうケアすれば良いのでしょうか。

 

 

 

まず、全ての脱毛方法にいえることですが、脱毛当日は、湯船につからないことです。

 

 

 

炎症した肌からバイ菌が入りやすくなっているので、施術を受けた日はシャワーですますようにしましょう。

 

 

 

また、どの方法で脱毛しても、肌の水分が奪われて乾燥した状態になるので、しっかり保湿することが重要です。

 

 

 

医療機関でレーザー脱毛を行った場合は、専用の軟膏などを処方されることもあります。

 

 

 

肌に赤みがあったり火照っていた場合は、冷たいタオルで冷やすなど、クールダウンが必要です。

 

 

 

また、2~3日は日光によるダメージも受けやすいので、必ず日焼け止めを使用するようにして下さい。

 

 

 

一番脱毛したい季節は夏場ですが、夏場の脱毛はよくないので注意ですね。決して海やプール前に脱毛サロンへ行くことがないように計画的に準備してください。

 

 

 

せっかくの楽しいイベントが痛くて辛い思いになってしまうかもしれませんから。。。。

 

 

 

 

ダメージには正しい対処を

3種類の脱毛方法のダメージと対処をご紹介しました。どの脱毛方法でも、肌は少なからずダメージを受けます。

 

 

 

しっかりアフターケアして、綺麗な肌になりましょう。

 

 

 

 

脱毛の痛みってその場だけ?それともしばらく続くの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


永久脱毛したいけど、痛みが気になってためらっている人もいるのではないでしょうか。

 

 

 

脱毛するときの痛みは、施術方法によっても異なり、痛みの感じ方には個人差もありますので敏感な人は痛みの少ない脱毛を選ぶ必要があります。

 

 

 

脱毛の痛みは、施術を受けているときだけなのでしょうか。それとも、しばらく痛みがつづくのでしょうか。脱毛後の痛みについて、まとめてみました。

 

 

 

施術方法の違い

永久脱毛には、種類があり、施術方法によって痛みにかなり違いがあります。痛みが大きい順に、ニードル脱毛、レーザー脱毛、光脱毛の3種類になります。

 

 

 

ニードル脱毛は、毛穴に細い針を差し込んで、1本ずつ脱毛していく方法です。毛穴に直接針を差し込むので、痛みはかなり大きくなります。

 

 

 

レーザー脱毛は、医療機関で行う脱毛方法で、単一の波長の強いレーザーを当てることで毛根にダメージを与えて脱毛する方法です。レーザーの力が強めなので、痛みが強く出る場合には施術前に麻酔を行うこともあります。

 

 

 

一番痛みが少ない脱毛方法は、脱毛サロンで行う光脱毛です。光を照射することで、毛根の黒いメラニンに反応させ、脱毛していく方法です。

 

 

 

当てる光が強くないので、痛みは少なめですが、人によっては軽い炎症を起こしたりしてチクリとした痛みを感じることもあります。

 

 

 

よく聞くのは輪ゴムで軽くぱちんと弾いた時くらいの痛み感だということですが、痛みって人それぞれで感じ方が違うのでどうしても気にある方は事前のカウンセリングでパッチテストなどを行い気になる箇所の脱毛を簡単にやってみるとよいですね。

 

 

 

 

痛みはどのくらい続くの?

痛みが続く時間も、脱毛方法によって変わってきます。

 

 

 

ニードル脱毛の場合、施術中の痛みも強いですが、毛穴に直接針を差し込むので、施術が終わったあとも痛みが続く人が多いようです。施術後数十分から、長い人だと2、3日痛みが続く人もいるようです。

 

 

 

レーザー脱毛は、レーザーを照射しているときは痛みが出ますが、麻酔をすることで痛みを軽減できます。

 

 

 

また、施術後に軟膏などを処方してもらえるので、きちんとアフターケアをしていれば炎症を起こす可能性も低く、痛みも続きません。

 

 

 

光脱毛は、照射する光の強さもそれほど強くないので、施術中もほとんど痛みを感じません。

 

 

 

施術後の痛みもない人が大半で、まれにアフターケアをしないせいで炎症を起こしてしまう人はいますが、基本的には痛みは光を照射した瞬間に感じる小さい痛みだけです。

 

 

 

痛みは長時間は続かない

一番痛みが続くニードル脱毛でも、長い人で2、3日、一番痛くない光脱毛だと、光を照射する瞬間だけと、どの脱毛方法でも痛みは長くは続きません。

 

 

 

痛みに弱い人は、脱毛サロンでの光脱毛を受けることがオススメです。

 

 

 

1回の施術で脱毛できる範囲はどのくらい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


永久脱毛を考えているけど、どのくらいの期間通えばいいのかわからない人は多いと思います。

 

 
脱毛にかかる期間は、1回の施術で脱毛できる範囲によって変わります。

 

 
では、1回の施術で脱毛できる範囲は、どのくらいなのでしょうか?

 

 

 

脱毛方法による時間の違い

脱毛する方法によって、かかる時間は変わっていきます。一番時間がかかる脱毛法は、ニードル脱毛です。この脱毛方法は、毛の1本ずつに針を刺して弱い電気を流すことで脱毛する方法です。

 

 

 

1本の毛を脱毛するのにかかる時間は、だいたい5~10秒ほどです。毛穴の1本1本にハリを挿入して処理するので、時間がかかる方法です。

 

 

 

医療機関で行うレーザー脱毛は、レーザーを照射することで毛根にダメージを与えて脱毛する方法です。1回の照射の範囲は1~1.5センチほどで、1分間で60~100回の照射を行います。レーザーの光の特性から、照射範囲は光脱毛と比べると狭くなります。

 

 

 

脱毛サロンでの脱毛方法は、レーザーよりも弱い光を照射してメラニンという黒い色素に反応させて脱毛していく方法です。

 

 

 

レーザー脱毛よりも広範囲に光を照射することが可能なので、1回の施術で脱毛できる範囲はかなり広く、照射時間もレーザー脱毛よりも短いので、脱毛にかかる時間も短時間で済みます。

 

 

 

全身脱毛するときの1回の施術範囲

全身脱毛する場合の、1回の施術で脱毛する範囲は、通うサロンや、その日の自分の体調によって変わってきます。1回の施術を1時間としてみてみましょう。

 

 

 

ニードル脱毛の場合は、時間的には手のひらくらいの広さです。でも、この方法は、痛みに耐えられなくて、早めに施術を止めたくなることもあるので、検討が必要です。

 

 

 

レーザー脱毛の場合は、だいたい身体の4分の1くらいが1時間で終わります。脱毛の時間の他に、クールダウンすることも考えると、2~2時間半ほどで、身体の半分の処理が行えると言えるでしょう。

 

 

 

光脱毛の施術では、身体の2分の1程度が1時間で行える範囲です。レーザー脱毛よりも広範囲を一度に脱毛できるので、この方法が、一番早く広範囲を脱毛できます。

 

 

 

全身脱毛は光脱毛とレーザー脱毛が早い

このように、ニードル脱毛が一番一回の施術で行える範囲が狭いです。

 

 

 

痛みも大きいので、かかる時間も考えると、一番オススメの脱毛は、脱毛サロンでの光脱毛です。

 

 

 

脱毛サロンは費用も安く済むので、お財布とも相談しながら、自分に合った脱毛ができるといいですね。

 

 

 

顔の産毛脱毛って痛くないのかな?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


化粧のりも悪くなるし、顔色も暗く見えるから、顔の産毛を脱毛したい! その気持ちよく分かります。

 

 

 

自分で処理するにはちょっぴりケガも不安だし、毎日の処理で肌荒れするのも困っちゃいますもんね。

 

 

 

ではプロフェッショナルによる顔の産毛脱毛ってどんなものなのでしょうか?

 

 

 

なんだか痛そう……という印象もありますし……。では早速、顔の産毛脱毛についての情報をまとめてみました。

 

 

 

顔の産毛の特徴

顔の産毛は、手や足のムダ毛に比べて、色素が薄く、細いのが特徴。そのため、レーザー脱毛や光脱毛のように、ムダ毛の黒い色に反応して脱毛をする施術は不向きだと言われています。

 

 

 

たしかに、顔の産毛は真っ黒の一本一本の毛というよりも、なんとなく薄い色をした細い毛がまばらに生えていますもんね。ということは、どんな脱毛方法が適しているのでしょうか?

 

 

 

顔の産毛脱毛のおすすめ

顔の産毛を脱毛したい人におすすめなのは、ハイパースキン脱毛と呼ばれる施術です。

 

 

 

この脱毛方法は熱ではなく、特殊な光を使って、毛が生える因子自体を減少させる方法なので、火傷の心配もなく、痛みもありません。キッズや敏感肌の人でも施術できるほど、肌に負担が少ない方法だと言われています。

 

 

 

だからこそ、皮膚の中でも特に繊細な顔への施術でも安心だというわけ。ハイパースキン脱毛は、大手脱毛サロンなど、さまざまな脱毛サロンで施術を受けることができます。

 

 

 

顔の産毛の自己処理の方法

ハイパースキン脱毛には興味があるものの、今すぐできる顔の産毛の処理方法も知っておきたいという方に、最後にお伝えするのが、自宅での自己処理の方法です。

 

 

 

顔はとっても敏感、かつ失敗できないパーツですので、自己処理も細心の注意が必要。まずは、L字型カミソリか電気シェーバーを用意しましょう。刺激の強い毛抜きや、稼動範囲のコントロールが難しいT字カミソリはNGです。

 

 

 

それから、自己処理をする場所。鏡のある室内を選んでください。お風呂は、滑りやすく、雑菌が入りやすいので、これまたNGです。

 

 

 

同じように、滑りやすく、雑菌の心配があるので、石けんを使うのではなく、ちゃんとシェービングフォームを使ってくださいね。以上が、自宅で顔の産毛を処理する際の方法です。

 

 

 

顔は間違いなく、女の命! 誤って傷をつけてしまわないよう、気をつけてください。

 

 

 

ハイパースキン脱毛なら痛みなし

顔の産毛の脱毛は痛みや刺激の少ないハイパースキン脱毛がおすすめです。自己処理の際は、ケガにくれぐれも気をつけて、丁寧に処理してくださいね。

 

 

 

脱毛の費用って結局いくら必要なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


脱毛したい! と思い立った時、まず始めに考えるのはどんなことですか?

 

 

 

脱毛サロンの場所? プラン?? サービス??? これから脱毛を受けたい人は断然、費用が気になりますよね。

 

 

 

だって、せっかく脱毛をするのに、超ハイコストだったら、続けていけないですもん。でも、実際のところ、脱毛の料金の相場とはどのくらいなのでしょうか?

 

 

 

今回は、いくつかの脱毛サロンをチェックし、パーツ別の相場を身体の上から順番に割り出してみました。

 

 

 

脱毛の費用~顔

顔はとってもデリケートなパーツなので、相場は3,000円~10,000円。人気の鼻下などは比較的安価ですが、顔全体となると、相場はちょっぴりアップするようです。

 

 

 

 

脱毛の費用~腕

腕も、足同様、ヒジ上脱毛とヒジ下脱毛に分けられている場合がほとんどですね。その相場は3,500円~50,000円ととっても幅広い設定です。50,000円のハイクラス設定の場合、脱毛回数無制限や他のパーツとの組み合わせといったオプショナルプランが付いている場合がほとんどです。

 

 

 

 

脱毛の費用~ワキ

ワキ脱毛の相場は100円~5,000円だと言われています。100円という破格の値段は、多くの脱毛サロンでワキ脱毛のキャンペーンを実施しているから。脱毛したい人が多いパーツなので、お得な値段設定がされています。

 

 

 

脱毛の費用~Vライン

Vライン脱毛の相場は2,000円~20,000円程度。価格差がありますが、これはVラインの脱毛を専門にしているかどうかの違い。Vラインなどデリケートゾーン専用の脱毛サロンであれば、比較的リーズナブルな価格で施術を受けることができます。最近ではVIOとしてセットで脱毛する人が増えていますね。

 

 

 

脱毛の費用~足

これまた人気部位の一つ、足の相場は30,000円~50,000円。脚はヒザ上脱毛とヒザ下脱毛の2箇所として分けられているので、セットの脱毛プランなどを利用するのがおすすめです。短めのスカートでひざ上を露出する機会が増えているので人気の部位なんですね。

 

 

 

まとめ

チェックした感覚では、やはりワキ脱毛など人気のパーツは、とってもリーズナブルな設定になっているなというところ。

 

 

 

しかも、初回限定プランや、他のパーツとの組み合わせにより、上手くいけば、数百円から施術可能な脱毛サロンも見受けられました。

 

 

 

一方、専門性の高いVライン、VIO脱毛などは、値段設定が高め。全身トータルでの脱毛をしてくれるサロンよりは、Vライン専用などパーツごとの施術に強味を持つ脱毛サロンの方が価格設定はお安めです。

 

 

 

脱毛はどんなパーツであれ、一度の施術で終了するものではありません。だからこそ、何度も通っても負担にならない金額とプランをセレクトして、憧れのツルスベ肌を手に入れましょうね。

 

 

 

脱毛で「やけど」するって本当なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


脱毛した時にやけどをしちゃったって話をあちらこちらで聞いたことがあるけど、本当なのかな?って思っている人もいると思います。

 

 

 

実際のところ、脱毛の施術でやけどをすることってあるのでしょうか?

 

 

 

脱毛によるやけどの危険性について、まとめてみましたのでご紹介します。

 

 

 

脱毛方法の違い

永久脱毛には、大きく分けて3つの種類があります。

 

 

 

1つ目は、ニードル脱毛です。

 

 

 

この方法は、毛穴に針を差し込んで電流を流すことで脱毛をする方法です。電流を流すときに熱が発生し、まれにやけどに似た症状を起こすことがあります。最近は、使う針が絶縁針になったことで、昔よりやけどのような症状を起こすことは減りましたが、ゼロではありません。

 

 

 

2つ目は、レーザー脱毛です。

 

 

 

これは、黒い色に反応するレーザーを肌に照射して毛根を破壊する脱毛方法です。黒い色に反応するので、ほくろなどがある場所は脱毛できません。また、日焼けした肌に施術することもできないことがあります。レーザーで毛根を破壊するので、レーザーのパワーが大きいと、やけどをすることがあります。

 

 

 

3つめは、光脱毛です。

 

 

 

これは、レーザー脱毛よりも弱い光を当てて、肌のメラニンと反応させて高熱で脱毛する方法です。レーザー脱毛よりもパワーが弱いので、やけどの心配はあまりありませんが、やはり高熱が発生するので、まれにやけどをすることもあります。

 

 

 

このように脱毛の種類によって脱毛によるやけどのリスクは違ってきます。また、肌質にもよることろが大きいでしょう。敏感肌の人は少しのレーザーや光によって赤くなったりすることもあります。

 

 

 

場合によっては日焼けのように赤くなってしまうことも人によってはあるようです。なので、気になる方は最初にパッチテストなどを実施して肌の耐久性を事前に確認することでやけどのリスクを減らすことも可能です。

 

 

 

やけどしちゃったらどうすればいいの?

脱毛の施術でやけどをしてしまった場合、どうすればいいのでしょうか。レーザー脱毛は、医療機関で行う脱毛方法なので、やけどのような症状が出た場合には、その場で処置をしてもらえます。

 

 

 

ニードル脱毛も、やけどのような症状が出たときはその場で処置をしてもらえることがほとんどです。つまり、レーザー脱毛やニードル脱毛は医療機関での施術となるのですぐに対応が可能ということなんです。

 

 

 

光脱毛は、脱毛サロンで行うので、その場での医療処置はできませんが、提携している医療機関を紹介してもらえることがほとんどなので、やけどの症状が出た場合は紹介された医療機関で処置を受けましょう。

 

 

 

紹介してもらうことはできますが、行くか行かないかは本人次第になるので、行かないことで何か症状が悪化しても自己責任になるので、何かしら気になる事があればその脱毛サロン提携の医療機関ですぐに見てもらうことが大切です。

 

 

 

どの脱毛方法でも、その場でやけどの症状に気づかなかった場合は、症状に気づいたときすぐに冷やして、なるべく早く施術を受けた機関に連絡をしましょう。

 

 

 

脱毛でやけどをしたらすぐ処置を

このように、脱毛でやけどをしてしまうことは、場合によっては起こり得ることです。確かな技術力を持っている機関で脱毛を行う方が安心できます。

 

 

 

肌がヒリヒリしたり、赤くなるなど、やけどの症状が出たら、すぐに冷やして、施術を受けた機関に連絡をするようにして下さい。

 

 

 

脱毛でやけどすることはうそとも言い切れません。場合によってはあり得る話なので、そのリスクを認識しておくことは大事です。

 

 

 

施術前のカウンセリングでどの程度やけどの可能性があるのか聞いておくと安心できるでしょう。

 

 

 

 

脱毛サロンにおける服薬の注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


脱毛サロンを利用する際には、いくつかの注意点があります。

 

 

 

その中でもかなり重要になってくるのが服薬に関する注意点です。

 

 

「薬と脱毛が何か関係あるの?」という方も多いことでしょう。実際、おおいに関係してくるのです。

 

 

 

ここでは、脱毛サロンにおける服薬の注意についてお話していきましょう。

 

 

 

基本的に服薬時の脱毛はNG!

基本的に服薬時の脱毛サロンの利用はNGとなっています。

 

 

 

もちろん、服薬していることを隠して脱毛を受けることもできるでしょうが、自分では思ってもみなかったような症状が起こる可能性があります。

 

 

 

場合によっては、体に跡が残ってしまうようなこともあるかもしれません。脱毛サロンに通うということは、自分の体を綺麗にしたいということかと思います。

 

 

 

仮に、服薬のことを隠して脱毛サロンを利用したとしてそれで体に跡が残るようなことがあれば、まさに本末転倒です。

 

 

 

どのような薬であっても服薬をしているのであれば、脱毛サロンの利用は見送るべきなのです。

 

 

 

なので、実際どうなのかは、一番最初に無料カウンセリングほぼどこでもあるので、この時に現状を説明することが大切です。

 

 

 

脱毛サロン側としてみれば当然必要なことは話をしてくれましたよね。と思っているわけです。まずは相談することです。

 

 

 

例えば施術前の1週間は服用しないでほしいとか。相談できることがあるかもしれませんので、自分で判断しないことです。

 

 

 

例えば、風邪をひいて風邪薬を飲んでいる場合。そんな時に脱毛するの?という話でもありますが、こんな場合は風邪が治ったら脱毛しましょう。となるわけです。

 

 

 

毎日風邪薬を飲まないといけない。という人はいないでしょうが、服薬といってもすべてのクリスということではないので、薬をもらった病院で聞いてみるとか。最善の選択ができることでしょう。

 

 

 

脱毛サロンのスタッフの知識

基本的に脱毛サロンのスタッフというのは、医療従事者ではありません。

 

 

 

そのため、市販されている薬にどのような成分が含まれているのか、この薬があることによってどのような症状が起こるのかというところまではわかりません。

 

 

 

わからないからこそ、責任を取ることができないのです。脱毛サロンのスタッフに責任を丸投げするのではなく、ここは自己責任で服用をしているなら見送るという選択をすべきなのです。

 

 

 

もちろん、相談するのはOKですが基本的にNGが出ることになる可能性が高いでしょうか、まずは相談です。

 

 

 

絶対にダメ!施術NGな薬

基本的にどのような薬でもNGなのですが、「あとから考えたらあのとき頭痛薬を飲んでたな」ということもあるでしょう。

 

 

 

もちろん、すべての薬において確実に何かしらの症状が出るというわけではありません。

 

 

 

ただ、それは運がよかったというだけの話です。基本はNGなのです。その中でも「この薬を服用しているときは何があっても絶対に脱毛サロンを利用しちゃいけない」というものがあります。

 

 

 

それはずばり、抗生物質抗うつ剤抗不安剤抗真菌薬です。

 

 

 

この薬を服用している方は、絶対に脱毛サロンを利用してはいけません。

 

 

 

「薬くらい」と安易に考える方もいますが、薬を服用している状態というのは、いつもとは違う状態です。

 

 

 

何が起こってもおかしくはないということを理解しておきましょう。

 

 

 

では、服薬における脱毛はすべてだめなのか?となるとそうではありません。医師が実施している医療脱毛であれば可能性はもっと広がります。

 

 

 

なんといっても医療脱毛とは美容外科なので、医師免許を持っている先生がいらっしゃいます。

 

 

 

当然、服用に関する薬の知識も持っているわけです。なので、脱毛サロンでは施術を断られたけど、美容外科ではOKだった。というケースもたくさんあります。

 

 

 

服薬について心配な方は脱毛サロンではなく、医療脱毛をしている美容外科で脱毛を相談してはいかがでしょうか。。

 

 

 

■関連記事

脱毛とホルモン剤の関係

 

 

 

おすすめ全身脱毛

「脱毛」カテゴリのおすすめ記事
最近の投稿
カテゴリー