全身脱毛 永久脱毛 おすすめ 安い 口コミ 評判

全身脱毛?永久脱毛?部分脱毛?あなたにおすすめの脱毛情報

全脱、全部脱毛!全身脱毛、永久脱毛、部分脱毛どうすればいいの?事前に不安や悩み、疑問を解決できれば安心ですね。ミュゼプラチナムや脱毛ラボ、キレイモ、銀座カラーなどいろいろな脱毛サロンがありますが、知名度の高い人気の脱毛サロンを選ぶ事をおすすめします。

脱毛とホルモン剤の関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ミュゼプラチナム

 

 

 

 

女性の方であれば、やはり脱毛というものに憧れるでしょう。

 

 

 

自分で処理をするのは簡単でお金がかかりませんが、逆に手間がかかります。処理のせいで負傷してしまうということもあります。だからこそ、安心して任せられる脱毛サロンに憧れてしまうのです。

 

 

 

脱毛をして綺麗な体を手に入れたいからこそ今すぐにでも!と思うでしょうが、まずは脱毛について十分に理解していきましょう。急がば回れということなのです。ここでは、脱毛とホルモン剤の関係についていろいろと調べてみましたのでご紹介します。

 

 

 

そもそもホルモン剤とは・・・?

脱毛とホルモン剤の関係ということですが、そもそもホルモン剤とはどのようなものを指すのでしょうか。

 

 

 

いまいちピンとこないという方も多いことでしょう。簡単に言ってしまえば、ホルモンに働きかける薬のことです。

 

 

 

女性の方であれば、ピルを飲んでいるという方も多いのではないでしょうか。このピルもホルモン剤になります。

 

 

 

月経不順の時や、更年期障害など体調不良回復時に摂取している何かお薬的なものに入っていることが多いですね。

 

 

 

基本的にピルをはじめとしたホルモン剤は、脱毛をする期間中は服用を控えるように言われることになるかと思います。

 

 

 

 

なぜ脱毛期間中はホルモン剤を控えるのか

脱毛をする期間中は服用を控えるように言われるホルモン剤ですが、なぜ控える必要があるのでしょうか。

 

 

 

簡単に言ってしまえば、効果が出にくくなってしまうのです。

 

 

 

というのも、もともと人間の体に毛が生えるというのはホルモンの働きによるものなのです。

 

 

 

脱毛は基本的に毛の生える周期にあわせておこなっていくものです。

 

 

 

しかしながら、ホルモン剤を服用しているとより毛が生えやすい状態になってしまいますので脱毛をしても毛が生えてしまい、結果的に効果が出にくく、また感じにくくなってしまうのです。

 

 

 

効果的に脱毛をするならホルモン剤は控える

先でもお話しましたように、ホルモン剤を服用することによって毛が生えやすい状態になってしまいます。

 

 

 

そのため、脱毛の効果が出にくく、感じにくくなってしまいます。脱毛というのはやはりなるべく早くに効果を実感したいという方が多いでしょうから、効果的に脱毛をしていくのであればその間はホルモン剤を控えるようにしましょう。

 

 

 

もちろん、いろいろと事情もあるかもしれませんので、ホルモン剤を控えるのが難しい場合にはお医者さんや脱毛をする店舗のほうで相談をしていくというのもひとつの方法です。

 

 

 

効果がまったく出なくなるというわけではありませんので、そこまで神経質になる必要はないでしょうが、相談しておくことは大切です。

 

 

 

脱毛サロンでは施術当日に今日はホルモン剤を飲んできました。。と言うと、今日はやめておきましょう。となるかもしれませんので、事前に話をしておくことが大切です。

 

 

 

せっかく予約を取ったのに受けられないのでは悲しいですからね。

 

 

 

関連記事 ⇒ 脱毛と薬(服薬)について

 

 

 

脱毛後の肌ケアはこれがいいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


脱毛というのは、終わってからもしっかりとケアをしていく必要があります。

 

 

 

毛を処理したからそれで終わりではないのです。というのも、毛を処理した後の肌というのは非常に敏感です。

 

 

 

だからこそ、ケアをして守っていく必要があるのです。ここでは、脱毛後の肌ケアについてご紹介していきましょう。

 

 

 

保湿をしていく

脱毛後の肌というのは、敏感になっている上に乾燥しやすい状態になっています。

 

 

 

乾燥というのは、肌にとっても良いものではありません。乾燥から他の肌トラブルに発展する可能性もありますので、乾燥しないようにしっかりと保湿していく事ってとても大切なんですね。

 

 

 

保湿のためには、一般的な化粧水やクリーム、ジェルなどを使っていくことです。

 

 

 

最近では、オールインワンタイプのものを利用しているという方も多いようです。化粧水だけではやはり蒸発して乾燥してしまいますので、化粧水だけではなく何かプラスして乾燥を防ぐようにしましょう。

 

 

 

脱毛が終わった後にゆっくりと保湿ではなく、終わったらすぐに保湿するようにしましょう。素早く対応していくことが大切です。先延ばしにすればするほど、乾燥が進んでしまいます。

 

 

 

お風呂やシャワーはぬるめで

お風呂やシャワーをいつも熱めで利用しているという方も多いでしょう。汗がしっかり出ますし、何よりも気持ちいいものです。

 

 

 

しかしながら、熱めのお風呂やシャワーというのはそれだけでもお肌にとって負担になってしまいます。

 

 

 

ましてや脱毛後の肌というのは、非常に敏感な状態です。熱いお湯でさえも大きな刺激になってしまいます。そのため、いくら熱めのお風呂やシャワーが好きだという方であっても脱毛後はぬるめのものを利用するようにしましょう。

 

 

 

脱毛後はお肌をとことん労わるように心がけていきましょう。毎日そうする必要はありませんが、脱毛サロンで施術を受けた日は特に念入りに肌ケアをすることが目的とするきれいな肌のために必要ですね。

 

 

 

刺激を与えない

また、刺激を与えないように意識していくことも大切です。本当に些細なことが刺激となるものです。

 

 

 

例えば、足の脱毛をした後であればいつも着用しているタイツなどでも刺激になりますし、顔の脱毛をした後であればいつもつかっているクレンジングですら刺激になってしまいます。

 

 

 

いつもしていることであっても脱毛後にはそれが刺激となってしまうことがよくありますので、ひとつひとつ自分の行動が刺激にならないかどうかを考えながら過ごしていきたいものです。

 

 

 

基本的には身につけるものにしても実際に肌につける化粧品にしても、肌に優しい低刺激のものを選ぶようにしていきましょう。

 

 

 

脱毛サロンでは脱毛の施術はしてくれますが、その後の肌ケアまではしてくれませんので、自分で肌の管理をする必要があります。

 

 

 

せめて、施術日、翌日くらいは肌のダメージ回復を念頭に施術部分への刺激は少なくするといいですね。

 

 

 

 

脱毛を始める時期(タイミング)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


脱毛を始める時期(タイミング)ということですが、基本的には脱毛をしたいと思ったときに始めればいいのですが、できれば計画的に脱毛サロンに通ったほうがきれいになると思います。

 

 

 

予約を取ったり、毛周期などもあるのでよりスムーズに脱毛をしてくためには時期やタイミングを見計らっていく必要があります。ここでは、脱毛を始める時期やタイミングについてお話していきましょう。

 

 

 

 

春と夏は込み合う

基本的に脱毛というのは、肌の露出が増えてくる時期に需要が高まるものです。そのため、春と夏というのは特に込み合うのです。

 

 

 

脱毛を利用するにあたって、予約が取れないことに不安を感じる方も多いのですが、やはり春や夏の込み合う時期というのは予約を取るのにも一苦労です。

 

 

 

予約がなかなか取れないままに、結構な期間が開いてしまう・・・というケースも珍しくありません。予約が取れないまま露出の多い季節を過ごしてしまい、満足に肌を出すことができなかったという方もいることでしょう。

 

 

 

だからこそ、込み合う春と夏に脱毛を始めるのは避けたほうがいいのです。もちろん、始めてもいいのですが予約が取れずに時間がかかってしまうということはしっかりと理解しておきましょう。

 

 

 

脱毛を始めるのであれば秋か冬

秋や冬というのは、露出がかなり減ってくる時期です。そのため、この時期は脱毛どころか毛の自己処理ですらさぼってしまうという方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

あえてこの時期に脱毛を始めるという方はそう多くはありません。だからこそ、脱毛を始めるのであれば秋や冬がいいのです。

 

 

 

というのも、人が少ないからこそ予約がスムーズに入れられますし、脱毛をすぐに始めてもらうことができます。

 

 

 

初めての脱毛をよりスムーズに進めていきたいという方であれば、やはり秋と冬を狙っていくといいでしょう。具体的には、10月から12月になります。

 

 

 

秋から冬は脱毛もお得に

秋や冬というのは、脱毛の需要が減ってしまう時期になります。そのため、各社で値下げ合戦が始まるタイミングでもあるのです。

 

 

 

つまり、秋や冬に脱毛を始めれば、価格的にもかなりお得に脱毛をスタートさせることができるのです。

 

 

 

脱毛というのはそこまで高くないにしてもそこそこのお金がかかるものです。だからこそ、少しでもお金を節約して、脱毛後などのお洒落にお金を回していきたいものです。

 

 

 

込み合うこともなくスムーズに脱毛を始めることができる上に、お値段がお得になるということで秋から冬はまさに脱毛の絶好のタイミングなのです。

 

 

 

繁忙期に比べて予約も取りやすいし、店舗も混んでいないのでスムーズに対応してもらえるでしょう。なので、秋から冬にかけて脱毛サロンに通って春や夏の露出が増える季節に備えることが効率的でしょう。

 

 

 

太い毛はどのくらいで脱毛できるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


毛が太いとか細いというのは人それぞれですし、毛の生えている場所によっても様々です。

 

 

足の毛は細いけど腕の毛は太くて濃いという人もいれば逆に手足の毛は細くて薄いのに背中の毛が太いという人もいますので、一概にこれというものはないですね。

 

 

毛の細い方であれば、それこそ、その場所に毛が生えていてもわからないくらい気にならない方もいるでしょう。

 

 

その一方で、毛が太くてしっかりと毛根が埋まっている。雨にも風にも負けない太い毛の方もいらっしゃいます。

 

 

もう、自分で処理するにはどう頑張っても綺麗にならないという方もいるわけです。

 

 

しかしながら、そんな毛が太い方でも毛が細くなる効果を実感できるのが脱毛ですし、脱毛以外にないでしょう。

 

 

もちろん、個人差はあるものの太い毛で悩んでいる方でもしっかりと効果を実感できると思うので検討する価値があります。

 

 

ここでは、太い毛はどれくらいで脱毛できるのかについて調べた結果をご紹介しますね。

 

 

 

太い毛でも2年から2年半でいい感じに

基本的に脱毛というのは個人差があるものです。毛の量や毛質がみんな違うし身長とか体重が違うのように同じではありません。

 

 

脱毛って標準的な毛の太さの方、一般的な方であればだいたい1年から1年半で満足いく結果におさまるということが多いですね。

 

 

とは言え、標準的って?とか一般的な毛の太さって?何ミリとかではなく脱毛している人で、いい感じに納得できる結果を得るまでの期間ということになります。

 

 

太い毛の方の場合、自分で私って毛が太いな。と感じる人は、やはり毛の細い方に比べると時間がかかってしまう部分がありますので、1年から1年半では終わらず、もう少し脱毛する期間が延びる可能性もあります。

 

 

可能性があるだけで、実は脱毛してみると毛の生えてくるのが遅くなったり、細くなったりするケースも当然人によってあるのでみんな脱毛期間が長くなるわけではありません。

 

 

剛毛といわれるような方でもだいたい2年から2年半といわれていますので、平均プラス1年といったところでしょうか。

 

 

あなたの毛が剛毛、毛深い、毛太いであっても概ね3年くらいあれば何とかいい感じで毛が薄く細くなるのではないでしょうか。

 

 

もちろん、脱毛の種類によってもっと短期間でおわることもあります。レーザーの出力の強弱が関係してきますけど。

 

 

早く終わる可能性はありますし、逆にもう少し延びてしまうという可能性もあります。

 

 

毛が太いと感じているならば多少時間がかかるものとして、早めに脱毛を開始していくといいのではないでしょうか。

 

 

 

 

でも、太い毛のほうが脱毛効果は高い

太い毛の脱毛というと、効果のほうで不安を感じる方も多いようですね。

 

 

毛が太いと追加料金が発生するのではないかとか、いっぱい痛いのではないかとか。。

 

 

太い毛の場合は、自分でする処理でも綺麗になることが少ないですので、やはり「本当に綺麗になるの?」と疑ってしまう部分があるのは仕方ないと思います。

 

 

しかしながら、不安を感じる必要は全くありません。

 

 

というのも、太い毛のほうがむしろ脱毛の効果は高いといわれているからです。

 

 

それは、一般的に脱毛というのは、毛の黒い色に反応させる形で処理をおこなっていきます。

 

 

つまり、毛の黒さというものが一種の目印のようなものになるのです。

 

 

太い毛というのは、黒々としていますので目印としてもはっきりするのですね。

 

 

たとえば、かなり細い産毛と、髪の毛ではその太さが違います。脱毛のレーザーなり光がどちらに反応するかというと毛の太い髪の毛のほうに反応するわけです。

 

 

確実に毛のあるところに脱毛の機械は作用していくということで、毛の薄い方よりも濃い方のほうが有利な部分もあるのです。

 

 

 

効果を実感しやすいのも魅力

太い毛の方というのは脱毛を完了するまでに時間がかかってしまいます。

 

 

しかしながら、その分、効果も実感しやすいものです。なので、言い方を変えればお金を使った分だけ実感できるということにもなります。

 

 

もともと毛が薄い人は脱毛サロンで施術をしたけど何か変わったのかな?場所によってはそう感じる人もいるでしょう。

 

 

毛の太い人は脱毛の回数を重ねていくごとで脱毛の効果を実感することができますので、時間がかかったとしても達成感のほうが上回るのではないでしょうか。

 

 

モチベーションをキープできるので途中で面倒とやめることなくきれいな肌を目指せるという利点もあるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

自己処理(カミソリ)には危険がいっぱい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


むだ毛の自己処理にもいろいろなやり方があります。脱毛クリームやテープ、毛を染めるといったものと、その方法は様々です。

 

 

その中でもおそらく多くの方が「利用している」「利用したことがある」自己処理の方法はカミソリを使った処理でしょう。

 

 

学生の頃に初めてむだ毛の自己処理をしたのはカミソリだったという方も多いのではないでしょうか。

 

 

値段もお手頃ですし、緊急で処理をしなければいけなくなったときにはやはりカミソリが便利なものです。

 

 

夏のプールの授業や、友達とプールや海へ行くときの事前準備をしたことを思い出す人もたくさんいるでしょう。

 

 

しかしながら、カミソリでの自己処理には危険性も潜んでいるのです。

 

 

ここでは、カミソリでの自己処理の危険性についてお話していきましょう。

 

 

 

カミソリの刺激はかなり強い

値段も手頃で簡単に処理できてしまうカミソリですが、かなり刺激の強いものになります。

 

 

刺激が強いとは肌に対しての刺激です。軽く剃っているだけだから平気!と思っている方もいるでしょう。しかし、カミソリって毛を剃るのはもちろんですが、一緒に肌も削っていたりします。

 

 

実際に、カミソリを使ったことのある方であればお分かりになるでしょうが、下手すると毛だけではなく皮膚も削ってしまいます。

 

 

当たり前のことですが、皮膚を削っていいことはありません。

 

 

手軽に使えるものではあるのですが、こういった部分では非常に危険な一面も持ち合わせているのです。

 

 

人によってはうまく剃ることができないからといって、強く押し当ててしまったり、同じところを何度もこするように剃ってしまったりすることもあるでしょう。

 

 

こういったことをすればするほど、肌を傷めてしまうだけなのです。

 

 

傷ついた肌は修復しようと肌を厚くしたり、硬くしたりします。そうなるとどうでしょう。その一部分だけ黒ずんだり皮膚が固くなってしまいます。

 

 

これではせっかくのきれいなはだがもったいないですね。

 

 

怪我をしてしまうことも

カミソリにもいろいろなものがあります。1枚刃、2枚刃、3枚刃など種類もいろいろありますね。

 

 

基本的に毛の処理をするものであれば、安全性を考慮した設計になっているのですが、それでも怪我をしてしまうときには怪我をしてしまうものです。

 

 

テレビCMで「切れてない!」などとカミソリのコマーシャルを以前放送していましたが、カミソリって剃ることもできるし、切ることもできるんです。

 

 

たまたまカミソリを横にスライドさせてしまったときに皮膚が切れてしまったということもありますし、間違って刃の部分を持ってしまって指を切ってしまったということもあるでしょう。

 

 

剃刀の刃はとても鋭利です。一瞬ですぱっと切れてしまいます。しかも切れるとかなり痛いです。

 

 

慣れている方であっても油断しているとこういった形で怪我をしてしまうこともあるのです。

 

 

毎日髭を剃る大人の男性だって切ってしまうのですから、取り扱いは慎重にしないと思わぬところでけがをしてしまいます。

 

 

炎症を起こして黒ずむ可能性も

カミソリでの処理をしている方というのは、やはり少しでも綺麗に見せたいという気持ちからおこなっているのではないでしょうか。

 

 

しかしながら、カミソリで処理したことによって炎症を起こしてしまい、それが肌に黒ずみとして残ってしまうというケースもあります。

 

 

黒ずみによって逆に肌が汚く見えてしまうということもありますので、カミソリでの毛の処理には本当に注意が必要なのです。

 

 

特に若年者の方、最初にムダ毛を自己処理するくらいの年齢なので、中学生くらいでしょうか?早い人は小学生からカミソリを使って自己処理する人もいるでしょう。

 

 

まだ知識のない年齢なので、取り扱いは本当に十分気を付けないと大けがをしてしまいます。

 

 

肌にとっては刺激の強い処理の方法であるということを十分に理解した上で、慎重におこなっていきたいものです。

 

 

 

中・高校生が脱毛する時はここに注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


中学生や高校生くらいになると、ムダ毛も気になってくるお年頃ですね。

 

 

でも、あまり若いうちに脱毛すると、何かデメリットがあるのでは?と、お考えの方も多いと思います。

 

 

ここでは、そんな中学生や高校生が脱毛するときに注意しなければならないことを見ていきましょう。

 

 

敏感な年ごろなので、友達に話をするのも難しいですね。早い人はムダ毛も多く生えてくるころだし、遅い人は全くまだムダ毛のない状態だし。。。

 

 

だからといってこのくらいの年頃は他の人と比べる必要もないのですけどやはりお年ごろなので、気になりますよね。

 

 

 

自宅での脱毛方法と肌へのダメージ

なんかよくわからないけどネットでムダ毛は沿ったほうがいいとか書いてあるし。。

 

 

とか、先輩が毛抜きで抜くんだって。。そんなことを言っていたよね。。などと何がよくでなにが良くないのかいまいちわからない人も多いしムダ毛処理って実際どうすればいいのか??と思っている人はちょっとご覧ください。

 

 

 

カミソリでそる方法

中学生や高校生が行うムダ毛の処理方法で一番多いのは、カミソリによる剃毛でしょう。

 

 

コンビニでも100均でもカミソリを購入することはできるし、お風呂場にお父さんが使っているカミソリなんかもあったりするので一番身近な方法でしょう。

 

 

でも、カミソリを使った方法では、肌に与える刺激が強すぎて、デリケートな10代の肌は傷つきやすく、ダメージを受けてしまいます。

 

 

大人だってカミソリ負けするんですから、まだ10代では肌ダメージを受けるのは当然ですね。しかも見た目そんなにダメージを受けているように見えませんが、数年後にはしっかりとその付けが回ってきますから注意です。

 

 

細かい傷ができることで、そこからバイ菌が入ってしまい、ニキビや赤み肌などの元になることもあります。

 

 

また、カミソリを使った処理は、毛根から処理するものではないので、頻繁に処理を行う必要があります。

 

 

この年代だと仕方ないのかもしれませんが、一度カミソリを使ってムダ毛処理をすると簡単にできるので肌ダメージを気にせずずっと、やっちゃうんですよね。

 

 

ちょっとムダ毛が生えてくるとカミソリで剃ってしまいます。あまりやり過ぎは注意ですね。

 

 

 

毛抜きで抜く方法

毛抜きを使って脱毛する方法もありますが、この方法は一本一本手で抜いていくので時間がかかります。

 

 

ムダ毛が太くないので調子に乗って抜いているとしっかりとして毛を抜いた時にとても痛いです。

 

 

また、毛を抜いたあとにケアがきちんとできていないと、埋没毛になってしまったり、毛穴がブツブツになってしまったりもします。

 

 

毛抜きを使った処理方法では、抜くときに感じる痛みが大きいこともデメリットのひとつでしょう。

 

 

毛抜きで無理やり毛根から引っこ抜くわけですから、当然毛穴にダメージがあります。場合によっては毛穴が目立ったりするので気を付ける必要があります。

 

 

除毛クリームでのケアもありますが、毛を溶かすほど強い薬剤なので、敏感肌の人は肌荒れを起こすことがあります。

 

 

サロンでの脱毛の効果

では、脱毛サロンでの脱毛はどうでしょうか。脱毛サロンは、脱毛のプロが施術を行うところです。

 

 

最近では、若い人向けのキッズ脱毛コースがあるサロンも充実してきています。

 

 

母親が連れて行ったりするそうですね。中学生とか高校生ではなく、小学生とか幼稚園?ムダ毛の存在も知らないし、無駄だとも気づいていないのに大変ですね。。。

 

 

若い人向けのジェルなどのケアも充実しているところも増えていますから、中学生、高校生の脱毛にはサロンでの脱毛が適しているといえるでしょう。

 

 

施術後は冷却したり、ジェルを縫ってくれたりとケアまでしっかりしてくれるので肌ダメージが少ないですね。

 

 

ただし、10代の脱毛には保護者の同意が必要になります。なので、最初だけお母さんに一緒に行ってもらいましょう。

 

 

お母さんも脱毛したことがあれば理解してくれるのではないでしょうか。

 

 

また、カウンセリングにも保護者の同席が必要となるサロンもありますので、良く調べてからサロンを選ぶようにしましょう。

 

 

 

 

中学生や高校生のうちからの脱毛ケア

中学生、高校生というと、体毛を気にする年頃ですので、安易に自己処理をしてしまいがちです。

 

 

しかし間違った方法は、デリケートな若い肌にダメージを与えてしまい、せっかくのきれいな肌が荒れてしまいます。

 

 

自宅で処理する場合には、正しい方法で行いアフターケアをきちんと行いましょう。

 

 

仕上がりの美しさやお肌へのダメージを考えるなら、脱毛サロンを検討してみることをおすすめします。

 

 

 

 

背中のムダ毛処理。おすすめの脱毛方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


夏になると露出する機会も増える背中。背中って、意外と見られている場所なんですよね。

 

 

特に背中は自分では見えない箇所だけに、ムダ毛の状態も気になりますよね。

 

 

そんな背中のムダ毛の処理ってみなさんはどうしていますか?

 

 

今回は背中のムダ毛処理についてまとめてみました。

 

 

 

 

背中の脱毛方法

背中の脱毛方法には、剃る、抜く、溶かす、脱毛サロンで脱毛する、などの方法がありますのでそれぞれどういったものなのか見てみましょう。

 

 

1.剃る

剃るには、T字カミソリを使うのが良いです。

 

 

ただ、剃り残しが多くなることが欠点です。

 

 

肌へのダメージが大きいため、シェービングクリームなども必要になってきます。が、肌ダメージを考えるとおすすめできる方法とは言えません。

 

 

 

2.抜く

抜くには、ワックスを使う方法があります。

 

 

広範囲を一気に脱毛できますが、背中なので一人で行えない、ワックスを剥がすときに肌の表面も一緒に剥がしてしまうためダメージが大きい、などのデメリットがあります。

 

 

ワックスの場合痛みがあるので、あまりこれをやっている人はいないと思いますが、こんな方法もあるんだということです。

 

 

 

3.溶かす

溶かすには、脱毛クリームを使用します。

 

 

クリームを塗るだけなので簡単ですが、毛を溶かす薬剤を使用するため、肌にも当然ダメージがあります。

 

 

背中の皮膚は比較的強い皮膚ですが、それでも薬品にかぶれて肌荒れやニキビができることがあります。

 

 

肌トラブルを避けるためには、クリームを使用する前に、パッチテストを行うようにしましょう。

 

 

 

4.脱毛サロン

すでに紹介した自宅で行うムダ毛処理方法は、いずれも、また毛が生えてきたら、くり返し行う必要があります。

 

 

その点、脱毛サロンでの脱毛は、毛根から根本的に脱毛するので、一度脱毛してしまえば、その後の自分でのケアは必要ありません。

 

 

また、自分では見えにくい背中をエステティシャンに脱毛してもらうので、脱毛し残しがないのもメリットです。

 

 

脱毛サロンの場合専門のスタッフがやってくれるので一番仕上がりが良いでしょう。また、痛みに関しても脱毛サロンによって違いはあるでしょうか、痛みの少ない脱毛サロンを選べば問題なさそうです。

 

 

 

脱毛サロンでの脱毛ー光脱毛

脱毛サロンでの脱毛方法は、いくつかありますが、最近主流となっているのは光脱毛(フラッシュ脱毛)です。

 

 

光脱毛は、肌の黒いメラニンに反応する光で毛根に直接働きかける脱毛方法です。

 
その場では抜けませんが、数日~数週間で背中の毛が抜けていきます。

 

 

光脱毛の場合、施術を行う前に毛を剃る必要がありますが、サロンによって剃ってくれるところもあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

 

 

場所が背中なので見えません。。といえばやってくれるでしょう。

 

 

 

サロンの脱毛が一番手軽

背中という、自分では処理するのが難しい場所も、脱毛サロンで処理してもらえば、全体的にきれいに脱毛することができます。

 

 

また、一度脱毛してしまえば、自分でケアする必要もありません。

 

 

背中をキレイに処理して、気兼ねなくファッションを楽しむために、脱毛サロンでの背中脱毛、ぜひ検討してみてください。

 

 

 

 

脱毛の副作用?硬毛化とは?(硬毛化、症状、対処法)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


これから脱毛を考えている人にとって、気になるのは、脱毛処理による副作用ですよね。そんな脱毛の副作用に「硬毛化」という現象があります。

 

 

脱毛に副作用があるなんて、、、そう思った人もいるかもしれませんが、脱毛の副作用の一つに「硬毛化」があります。

 

硬毛化とは何でしょうか。ここでは、硬毛化について、ご説明します。

 

 

 

硬毛化って何?

私たちの体毛には大きく分けて、硬毛と軟毛の2つの種類があります。

 

 

硬毛とは、髪の毛やわき毛、アンダーヘアのような、硬くてしっかりした毛のことをいいます。

 

 

一方、顔やうなじなどにはえているふわふわの薄い毛のことを軟毛といいます。つまり、硬毛化とは、柔らかい軟毛が硬毛になることをいいます。

 

 

もともと顔やうなじは軟毛ですが、これが硬毛になってしまったら、、、産毛ではなく髭(ヒゲ)ですよね。

 

 

うなじだったら、変なところから硬い髪の毛が生えている。。。そんな風に見られてしまいます。

 

 

硬毛化ってどんな症状が出るの?

軟毛が硬毛化すると、どのような症状が出るのでしょうか?

 

 

軟毛は、メラニンが少なく、細くて薄いことが特徴です。これが硬毛化することによって、脱毛する前よりも毛が太くなったり、長くなったりするんです。

 

 

つまり、脱毛する前よりも濃くなってしまうことがあります。そんなの嫌ですよね。ムダ毛が濃くなりたくないから、きれいになりたいから脱毛するのに、硬毛化してしまったために逆に太い毛になったり毛深くなってしまっては困ります。

 

 

硬毛化してしまうと、その毛をレーザー脱毛するためには、サロンに1年~2年くらい通わないと脱毛できなくなってしまうこともあります。

 

 

いやですね。みなさんきっと1年くらいできれいになろうとか、計画を立てているはずです。それが硬毛化のために脱毛サロンへ通う期間が延びてしまっては大変です。

 

 

人によっては期間コースを選んだ人もいるでしょう。となれば、期間内では終わらなくなってしまったり、延長となり予定外の出費、費用となるかもしれません。

 

 

硬毛化になってしまったらどうすればいいの?

硬毛化の原因は、実は科学的にははっきりとしたことはわかっていないのです。

 

 

ただ、うぶ毛のような軟毛を処理するには、硬毛よりも弱いレーザーを当てないと脱毛できません。

 

 

このときに、硬毛よりも弱いレーザーを当てることで、軟毛がはえている皮膚が活性化して、結果として軟毛が硬毛になってしまうのではないかといわれています。

 

 

体毛は必要なので生えているわけですから、体内の能力として危険を察知するのでしょうね。軟毛ではだめだ、もっと強くてしっかりとした毛にしないと!って具合で太くなっちゃうのかもしれないですね。

 

 

対処法としては、弱いレーザーを当てることで、硬毛化した毛が軟毛のときより簡単に抜けることもあります。

 

 

また、今までと違う波長が出るレーザーを当てることで、今までのレーザーでは脱毛できなかった毛が脱毛されることもあります。

 

 

または、軟毛のときよりも強い熱量を当てることで、硬毛化した毛を脱毛する方法もあります。

 
ただ、この方法は2、3回やっても効果が出なかった場合には、サロンに通うのをしばらくお休みした方が良いでしょう。

 

 

ニードルを毛穴に差し込んで、1本ずつ毛を抜く対策もあります。この方法は、一番しっかり脱毛できる対策ですが、ご存じのとおりニードル脱毛は痛みを伴う脱毛方法となるので、おすすめ具合としては低いですし、ほとんどの方は痛みの少ない脱毛を希望しているので。。。ちょっとこれは難しい選択になりそうですね。

 

 

万が一硬毛化してしまったら、脱毛サロンと再度カウンセリングにより対処方法を決めたほうがよさそうです。

 

 

しっかり対策して、安心できる脱毛を!

硬毛化の対策には、ニードル脱毛がもっとも効果が高いですが、この方法はお値段も高いのが難点です。

 

 

サロンに通うのをしばらくお休みすることが、一番身近な対処法といえるでしょう。

 

 

短期集中でサロンに通っても、回数が増えるだけで脱毛する期間が短くなるわけではありません。

 

 

脱毛は、場合によっては、お休みすることも重要だということを覚えきましょう。

 

 

脱毛を効果的に行うのは知識のあるスタッフの方と随時確認することが大事なことです。

 

 

脱毛の進捗具合を確かめながら、当初予定していた通り進んでいるのか。それとも遅れているのかなどは気軽にスタッフの方と話をしながら進めるといいでしょう。

 

 

実際、自分で見ても硬毛化したのかよくわからないと思うので、自己判断せずに話をして確実にきれいになっていきましょうね。

 

 

 

脱毛と毛周期の関係について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


気になるムダ毛のお手入れに、脱毛を検討している人も多いと思います。ムダ毛の自己処理が面倒という人は脱毛サロンできれいにするのが早くてきれいになりますからね。

 

 

脱毛すると、次の毛が生えてくるまでの期間、自己処理を行わなくてすむというメリットがあります。

 

 

しかし、脱毛サロンで行う脱毛は、一度の施術で完了するわけではありません。完全に脱毛してしまうまでには、数回通う必要があるのですが、その頻度は毛周期に関係があります。

 

 

毛周期とか、毛質、毛の量などが総合して関連してきますが、今回は脱毛と毛周期に関して調べてみましょう。

 

 

毛周期とは何モノ?

毛が生えてくるのには、「毛周期(もうしゅうき)」という、毛の生えかわりのサイクルがあります。毛周期によって、脱毛した後、次の毛が生えてくるまでの時間がわかります。

 

 

毛周期には、毛が成長する「成長期」、成長が止まって抜ける「退行期」、発毛が止まっている「休止期」という3つのステータスあります。

 

 

脱毛は毛の成長期に行うのが、もっとも効率的に脱毛効果を得ることができます。毛がこれから伸びるぞ!というときに毛根から断つわけです。そうすることで毛根の元気がどんどんなくなってくるわけですね。

 

 

退行期や休止期ではそれほど強い毛がないのでやってもほとんど効果は見られません。なので、一般的に脱毛は3か月に1回とか4か月に1回など毛周期に合わせて行うことになります。

 

 

 

毛の周期と体の部位

毛周期は、毛が生えている場所によって違います。

 

 

頭髪は、毛周期が一番長い体毛で、10日間で3~4ミリほど伸び、3~4年で抜けていきます。毛周期が短い毛では、眉毛があります。だいたい3~4ヶ月で生えかわります。

 

 

顔の毛は、身体の中でも毛周期が短いといわれています。手や足の毛は、だいたい3~5ヶ月の毛周期になっています。

 

 

勘違いをしている人も多いようですが、脱毛サロンでの脱毛って毎日行くものではないんです。通うのが大変そう。。といっても数か月に1回なので近所に脱毛サロンがなくても問題ないと思います。

 

 

たまにショッピングに行くついでに脱毛サロンも寄ってみよう。くらいの気持ちでいいかもしれませんね。なのであえて必死に予約を取る必要もないということです。

 

 

毛周期に合わせた脱毛

効果的に脱毛するには、毛周期に合わせて脱毛する必要があります。

 

 

脱毛は、毛周期の成長期に行うと、もっとも効果的です。といっても、毛周期には個人差もあるので、その人の周期に合わせてサロンに通うのがベストです。

 

 

毛周期については専門の知識を持っている脱毛サロンでカウンセリングの際に確認するといいでしょう。

 

 

ここでは、大体の目安で、サロン通う理想的な頻度を説明しておきます。

 

 

顔脱毛

顔の毛は、毛周期が短いので、脱毛サロンなどで脱毛をする場合には、だいたい1~2ヶ月に1回の周期で行うのがベストです。

 

 

また、顔は身体の他の部分と比べると常にむき出しなので、紫外線のダメージをじかに受けてしまいます。紫外線のダメージが大きいと、肌荒れなどのトラブルが起こりやすくなりますし、日焼けをしてしまった肌では脱毛効果が低くなることもあります。

 

 

顔の脱毛を行うなら、比較的紫外線の少ない秋から冬を中心に行うのが理想的です。

 

 

なので、顔脱毛を計画している人は決して夏に行ってはいけません。紫外線も多いし、海やプールなどレジャーシーズンでもあります。

 

 

顔脱毛を優先して海も山もプールもいけないのは寂しいですからね。計画的に秋冬で脱毛しておけば楽しい夏になる事でしょう。

 

 

 

顔以外の部分の脱毛

また、体毛のほとんどが2年で毛周期のサイクルを一周します。

 

 

脱毛サロンでのケアを行う場合には、2年間の保証期間があるところを選ぶようにしましょう。

 

 

全身脱毛を検討している人は脱毛サロンの保証期間も一緒に考える必要があります。

 

 

毛周期を把握して効果的に脱毛しよう

このように、毛が生える毛周期に合わせた脱毛が、すべすべの肌を保つ秘訣になっています。

 

 

毛周期を把握しながら上手に脱毛して、効率的にきれい肌を手に入れたいですね。

 

 

 

 

 

 

脱毛すると肌はきれいになるって本当?脱毛の美肌効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ムダ毛をきれいに処理するために脱毛サロンへ通う人は増えています。脱毛には、美肌効果もあるという話を聞いたことがありませんか?

 

脱毛した上に肌がきれいになるなら、こんな素敵なことはありませんよね。だって、脱毛ってムダ毛を処理するから肌ダメージがありそう。そう思うかもしれませんね。

 

でも、本当に、脱毛すると美肌になる効果があるのでしょうか?脱毛の美肌効果について調べてみました。

 

 

美肌効果のある脱毛方法

脱毛の方法には、毛穴に針を差し込んで一本ずつ抜いていくニードル脱毛法、毛根に光を当てて脱毛する光脱毛法、レーザーで毛根を焼いて脱毛するレーザー脱毛法などがあり、これらが一般的な脱毛法となります。

 

 

この中で、もっとも美肌効果がある脱毛方法が、光脱毛です。なので、脱毛と美肌両方欲しい方は光脱毛での施術をチョイスしてくださいね。

 

 

さらに光脱毛には、SSC(スムース・スキン・コントロール)方法と、IPL(インテンス・パルス・ライト)方法の2種類があります。

 

 

 

SSC方法について

SSCでの脱毛方法は、光を当てる前に肌に塗るジェルが光に反応して、ジェルの中の成分が毛根に浸透することで毛の成長を抑制する脱毛方法です。

 

 

うぶ毛などの細かい毛には、あまり効果がありません。この方法は、眉毛や目元、首など、肌の柔らかい場所に適しています。

 

 

つまり、顔脱毛やデリケートゾーンの脱毛を検討している人はこのSSC脱毛が受けられる脱毛サロンを選ぶとよいでしょう。顔だけということもないので他の部分であっても全然問題ないです。

 

 

SSC脱毛を受けられるのは脱毛ラボとかミュゼプラチナムがいいですね。

 

 

 

IPL方法について

IPL方法は、皮膚の黒い部分のメラニンに光を当てることで毛根にダメージを与えて脱毛する方法です。

 

 

この方法では、うぶ毛などの細かい毛から、ワキやYラインなどの太い毛まで脱毛することができます。この、IPL方法が、美肌に効果のある脱毛方法です。

 

 

IPL脱毛で思いつくのは銀座カラーがおすすめです。

 

 

 

IPL方法の美肌効果

IPL方法は、肌の黒いメラニンに反応してダメージを与えるので、シミやそばかす、色素沈着やニキビ痕を薄くする効果もあるそうです。

 

 

顔のうぶ毛や眉毛などの細かいところにも施術できるので、自分でケアするのが大変な部分もきちんとキメを整えてくれてケアしてくれます。

 

 

顔の細かい毛をケアすることで、ファンデーションが均一にのび、化粧のノリも良くなります。また、IPL方法によってコラーゲンが再生されるという研究結果も発表されています。

 

 

脱毛での美肌効果なので特に見せたい場所にはこのIPL脱毛がいいですね。うなじとか、背中とかは普段自分では見ることができない場所なので人に見られることを意識して美肌効果もあるといい場所ですね。

 

 

 

サロン脱毛して、美肌を手に入れよう!

このように、脱毛することによって肌が綺麗になる効果が表れることがわかりました。

 

 

脱毛でシミやそばかすを薄くして、毛穴もケアすることで、自分で剃る処理よりもきれいになることができるのです。

 

 

脱毛しながら、美肌ケアもできるという方法は、女性にとってかなり魅力的ですよね。

 

 

ムダ毛の自己処理では肌トラブルも多くなることを思えば、メリットの多い脱毛サロンをぜひ活用したいものです。

 

 

シミやそばかすを薄くしたい、コラーゲンを再生させたいということで顔脱毛をしてみるのもいいかもしれませんね。

 

 

脱毛サロンではありますが、脱毛目的ではなく美肌効果目的という理由で脱毛サロンに通うのもありではないでしょうか。

 

 

 

おすすめ全身脱毛

「脱毛」カテゴリのおすすめ記事

まだデータがありません。

最近の投稿
カテゴリー